ネコの動物学

個数:

ネコの動物学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 148p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130622240
  • NDC分類 489.53
  • Cコード C3045

出版社内容情報

身近で親しき動物の生態、行動、品種から、伴侶動物としての歴史や文化まで、イエネコの基礎を学ぶために最適の一冊。

愛すべき友――イエネコ.その生態,行動,品種などの生物学から,歴史や文化,そしてヒトとの関係など,伴侶動物としてのイエネコの基礎を学ぶために最適のテキスト.身近な動物たちとよりよい関係を築くために,ネコ派の人たちはもちろんのこと,イヌ派の人たちにもお勧めの一冊.

はじめに
第1章 野生ネコの仲間――家畜化への道
1 ネコの仲間/2 ネコの進化/3 ネコの家畜化/4 イエネコの品種
第2章 狩人としてのネコ――動物学的な特性
1 ネコの感覚器官と行動特性/2 ネコの狩猟能力/3 ネコのコミュニケーション/4 ネコの遺伝
第3章 家庭動物としてのイエネコ――飼育の基礎
1 イエネコの繁殖/2 イエネコの栄養/3 イエネコの生理/4 イエネコの病気
第4章 イエネコの生態――ヒトとの共生
1 イエネコの生態/2 イエネコの役割/3 イエネコの福祉/4 イエネコの問題行動/5 ヒトとイエネコの共通感染症
第5章 ヒトとネコの関係――歴史と文化史
1 歴史の中のネコ/2 芸術の中のネコ/3 民俗誌の中のネコ
第6章 これからのネコ学――イエネコの将来
1 ネコの遺伝子を探る/2 野良ネコ問題を考える/3 ネコの将来的な役割を探る
おわりに/さらに学びたい人へ

【著者紹介】
大石 孝雄
大石孝雄:東京農業大学農学部教授

内容説明

ネコの家畜化と動物学的な特性から、家庭飼育での基礎知識、ヒトとの共生にかかわる課題、文化史的にみたネコに対する動物観などについて解説。

目次

1 野生ネコの仲間―家畜化への道
2 狩人としてのネコ―動物学的な特性
3 家庭動物としてのイエネコ―飼育の基礎
4 イエネコの生態―ヒトとの共生
5 ヒトとネコの関係―歴史と文化史
6 これからのネコ学―イエネコの将来

著者等紹介

大石孝雄[オオイシタカオ]
1944年京都府に生まれる。1966年京都大学農学部卒業。農林省畜産試験場研究員、農林水産省中国農業試験場室長、農業生物資源研究所遺伝資源第二部長、畜産試験場育種部長等を経て、東京農業大学農学部教授(バイオセラピー学科伴侶動物学研究室)、農学博士。専門は伴侶動物学・動物遺伝学・動物資源学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ざっきー

5
【図書館】最近、猫の世話をするようになったので、手に取りました。歴史、動物学的見地、社会的見地などなどを各種網羅してくれています。2021/02/27

Sakie

4
現在、猫についてわかっている事柄が網羅されている。生物学的、遺伝学的な部分から専門書の印象を受けるが、後半では民俗学的、文学史的な記述もあり、これをお一人で書き上げるとはかなりの猫好きと見受けられる、本格的なネコ学本。野良猫問題、地域猫活動などの社会問題についても詳しく述べられており、繁殖の章と読み合わせると、正確に事態を把握できるだろう。2014/07/23

lo_resort

1
(主に)イエネコについて、いろいろな角度から学術的に切り込んだ一冊。 猫に関する知識だけでなく、「こんな角度で猫研究ができるのか」「こんな分野でも猫が登場するのか」という気付きを与えてくれました。2014/02/20

小鳥遊小鳥

0
猫の動物としての特性からペットとして飼う上での注意点、毛色の遺伝から野良猫問題まで、幅広く網羅されています。各分野について詳しく知りたい人のために、巻末には「さらに学びたい人へ」として何冊かの本の紹介が載っています。私は猫が出てくる神話や昔話をもっと知りたいと思ったので、次に読むとしたら『世界の猫の民話』かな。2014/09/02

ひろよこ

0
文化面の記述も充実。ヒトとの間で起こる問題は知識不足と過度な期待によるところも大きく、こうして少しずつでも知っていくところから始める必要があると思われる。2014/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7686377

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。