バイオソフィア<br> 生命と情報―分子遺伝学入門

個数:

バイオソフィア
生命と情報―分子遺伝学入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月19日 13時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130621526
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C3045

内容説明

本書は大学の教養課程で遺伝学をまなぶ学生が教科書として用いることができるようなものをめざした。遺伝という概念は一般の人も血液型の話などでなじみ深いものと思うが、遺伝子という言葉が出るととたんに敬遠されてしまうようである。そこで、なじみのあるところからはじめて専門的なところまで抵抗なく読んでいただけるように心がけた。また、高校までに生物を履修し、すでにメンデルの法則を学んだ読者にも、違う語り口から遺伝子という言葉でどのように理解されているかを解説している。

目次

1 生命をつかさどる情報―親から子へ
2 遺伝子とは何か―子が親に似ることを担うもの
3 動的な遺伝子―子はなぜ親と同一にはならないか
4 変異体からみえてくる生物の姿―親子の違いからわかること
5 現在の遺伝子研究―DNAからみた親子関係
6 遺伝学と社会―子に何を伝えていくか

出版社内容情報

「生命をつかさどる情報」は何にやどり,どのように発現するのか,また,遺伝学の進展は生物の見方をどのように変えていったか.古典的な遺伝学から,DNAレベルでの操作を行う現代の分子遺伝学まで,興味ある事例をひきながら解説する初学者向きの教科書.