地球物理概論

地球物理概論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 423p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784130621250
  • NDC分類 450.12
  • Cコード C3044

目次

1章 地球計測(概説;レベル1〈基本量〉の観測;レベル2の観測;レベル3の観測)
2章 波動(波動の基礎知識;地球内部を伝わる波;流体の波動;宇宙空間プラズマ中の波動)
3章 不安定・破壊(概要;流体中の不安定;プラズマ中の不安定;岩石の破壊と地震の発生)
4章 物質・エネルギー輸送(太陽エネルギー;電離圏・磁気圏の形成;気水圏の熱収支;地球内部の物質移動と分化;地球の内部構造)
5章 進化(比較惑星学序説;隕石学序説;太陽系起源論;惑星の形成;地球の進化)
6章 変動(序説;地球周辺空間の変動;地球流体圏の変動;地球内部の変動)
7章 地球と人間(人間の生活の場としての地球;地震・噴火災害とその予測;大気・海の変動の予測;人間活動による地球環境の変化)
付録 地球に関するデータ(太陽系の中の地球;地球の構成;電磁気的環境;大気と海洋;定数表)

出版社内容情報

固体としての地球,流体としてそれを取り囲む海洋や大気,また惑星の一つとしての地球には,共通する物理法則やスケールが存在する.本書はこれらを横断的に見渡し,統一的に解説する.東大地球物理教室のスタッフによる,新しいタイプの地球科学入門テキスト.