鳥の渡り生態学

個数:
  • ポイントキャンペーン

鳥の渡り生態学

  • 樋口 広芳【編】
  • 価格 ¥6,050(本体¥5,500)
  • 東京大学出版会(2021/06発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 275pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月28日 02時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 330p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130602433
  • NDC分類 488.1
  • Cコード C3045

出版社内容情報

かつて多くの謎に包まれていた鳥類の季節移動――渡り――は,ジオロケーター,衛星追跡などの最新技術により,渡りゆく鳥たちの足取りを詳細に追うことが可能になった.鳥たちの渡り経路の解明から保全まで,第一線で活躍する研究者たちが鳥の渡り研究の最前線を紹介!

目次

進展著しい鳥の渡り研究
1 渡りの経路(ハクチョウ類・ガン類・カモ類の渡り;タカ類の渡り;小鳥の渡り追跡;海鳥類の渡り;野外観察から明らかになる鳥の渡り;レーダーによる鳥の群れ追跡)
2 環境利用と生活史(渡り経路の連結性;渡りと生活史;渡りと気象;渡り鳥の生理機能)
3 保全と管理(渡り鳥の保全をめぐる諸問題;渡り鳥と感染症)
これからの鳥の渡り研究

著者等紹介

樋口広芳[ヒグチヒロヨシ]
1948年横浜市に生まれる。1975年東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。農学博士。東京大学農学部助手、米国ミシガン大学動物学博物館客員研究員、日本野鳥の会研究センター所長、東京大学大学院農学生命科学研究科教授を経て、東京大学名誉教授、慶應義塾大学訪問教授。日本鳥学会元会長、The Society for Conservation Biology Asian Section元会長。専門は鳥類学、生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。