「日韓連帯運動」の時代―1970‐80年代のトランスナショナルな公共圏とメディア

個数:

「日韓連帯運動」の時代―1970‐80年代のトランスナショナルな公共圏とメディア

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 22時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 384p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130561150
  • NDC分類 309.022
  • Cコード C3036

出版社内容情報

1970?80年代の韓国は独裁政権による弾圧に抗して,民主化運動が沸き起こっていた.植民地支配の歴史もまだ生々しい当時,隣国のこの状況に対して,日本の市民たちはどのように反応したのか.両国市民の国境を越えたネットワークと連帯の姿を鮮やかに描き出す.

序章 越境した他者との連帯に向けた言説空間



第I部 トランスナショナルな公共圏論/連帯論

1章 トランスナショナルな公共圏――越境した他者の苦痛に敏感な言説空間

2章 トランスナショナルな連帯と再帰的民主主義



第II部 トランスナショナルな社会史――日韓連帯運動

3章 日韓連帯運動の展開――広がる裾野

4章 トランスナショナルな情報交換のネットワークの形成と活動――T.K生の「韓国からの通信」を中心に

5章 総合雑誌『世界』における連帯の言説



終章 トランスナショナルな公共圏と連帯の可能性



THE AGE OF THE JAPAN-KOREAN SOLIDARITY MOVEMENT: Transnational Public Sphere and Media in the 1970s and 80s

Lee Misook

李 美淑[イ ミスク]
著・文・その他

目次

越境した他者との連帯に向けた言説空間
第1部 トランスナショナルな公共圏論/連帯論(トランスナショナルな公共圏―越境した他者の苦痛に敏感な言説空間;トランスナショナルな連帯と再帰的民主主義)
第2部 トランスナショナルな社会史―日韓連帯運動(日韓連帯運動の展開―広がる裾野;トランスナショナルな情報交換のネットワークの形成と活動―T.K生の「韓国からの通信」を中心に;総合雑誌『世界』における「連帯」の言説)
トランスナショナルな公共圏と連帯の可能性

著者等紹介

李美淑[イミスク]
韓国慶尚道浦項市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了、博士(社会情報学)。米国ハーバード・イェンチン研究所訪問研究員を経て、東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」特任助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

13
1970-80年代の韓国の民主化闘争に連なる日韓連帯運動をベースに、トランスナショナルな公共圏の形成過程を考察する。韓国軍事政権の抑圧に抗する民主活動家の声を世界に発信し、連帯の動きに貢献したものとして、キリスト教会による協会ネットワークと、日本の総合雑誌『世界』に連載されたT.K生(池明観)の「韓国からの通信」を主に取り上げている。◆日韓連帯運動を振り返る事自体には意義があるかもしれないが、過去精算や日本人の自省を求めるような議論展開が些か目立つと、本書の見解に否定的な見方も生まれそうな気がします。2018/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12626531

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。