「日韓連帯運動」の時代―1970‐80年代のトランスナショナルな公共圏とメディア

個数:
  • ポイントキャンペーン

「日韓連帯運動」の時代―1970‐80年代のトランスナショナルな公共圏とメディア

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年11月01日 02時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 384p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130561150
  • NDC分類 309.022
  • Cコード C3036

目次

越境した他者との連帯に向けた言説空間
第1部 トランスナショナルな公共圏論/連帯論(トランスナショナルな公共圏―越境した他者の苦痛に敏感な言説空間;トランスナショナルな連帯と再帰的民主主義)
第2部 トランスナショナルな社会史―日韓連帯運動(日韓連帯運動の展開―広がる裾野;トランスナショナルな情報交換のネットワークの形成と活動―T.K生の「韓国からの通信」を中心に;総合雑誌『世界』における「連帯」の言説)
トランスナショナルな公共圏と連帯の可能性

著者等紹介

李美淑[イミスク]
韓国慶尚道浦項市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了、博士(社会情報学)。米国ハーバード・イェンチン研究所訪問研究員を経て、東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」特任助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1970?80年代の韓国は独裁政権による弾圧に抗して,民主化運動が沸き起こっていた.植民地支配の歴史もまだ生々しい当時,隣国のこの状況に対して,日本の市民たちはどのように反応したのか.両国市民の国境を越えたネットワークと連帯の姿を鮮やかに描き出す.

序章 越境した他者との連帯に向けた言説空間



第I部 トランスナショナルな公共圏論/連帯論

1章 トランスナショナルな公共圏――越境した他者の苦痛に敏感な言説空間

2章 トランスナショナルな連帯と再帰的民主主義



第II部 トランスナショナルな社会史――日韓連帯運動

3章 日韓連帯運動の展開――広がる裾野

4章 トランスナショナルな情報交換のネットワークの形成と活動――T.K生の「韓国からの通信」を中心に

5章 総合雑誌『世界』における連帯の言説



終章 トランスナショナルな公共圏と連帯の可能性



THE AGE OF THE JAPAN-KOREAN SOLIDARITY MOVEMENT: Transnational Public Sphere and Media in the 1970s and 80s

Lee Misook

李 美淑[イ ミスク]
著・文・その他