贈与と交換の教育学―漱石、賢治と純粋贈与のレッスン

個数:
  • ポイントキャンペーン

贈与と交換の教育学―漱石、賢治と純粋贈与のレッスン

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 333,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130513135
  • NDC分類 371

目次

限界への教育学に向けて―不可能性と可能性を横断する銀河鉄道
1 贈与する先生と受け取る弟子(贈与する先生の誕生とその死―教育の起源をめぐるもうひとつの物語;先生と弟子の物語としての『こころ』―死と贈与のレッスン;「先生」としての漱石―師弟関係における贈与と負債;贈与・死・エロスにおける先生と弟子―第1部のまとめに代えて)
2 贈与と交換を体験する子ども(子どもの前に他者が現れるとき―生成する物語としての賢治童話;異界が子どもを引き寄せるとき―生の技法としての賢治の逆擬人法;交換の物語と交換の環を破壊する贈与―賢治の語りえぬ贈与の語り方;生命の倫理としての贈与と心象スケッチ―第2部のまとめに代えて)
3 贈与と交換とがせめぎ合う教育の場所(生成と発達の場としての学校―生成としての教育の教育学的位相;純粋贈与としてのボランティア活動体験―贈与と交換がせめぎ合う場所;羞恥のマナーから歓待のマナーへ―歴史的課題としての贈与に基づくマナー)
贈与=死のレッスンによる個人の生成―純粋贈与による教育の転回

著者紹介

矢野智司[ヤノサトジ]
1954年神戸に生まれる。京都大学大学院教育学研究科博士課程中退。教育学博士。現在、京都大学大学院教育学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

現代教育の基底に流れる「純粋な贈与」という過剰。教育をいのちあるものとしているものは何か、「限界の教育学」を構想する意欲作。