• ポイントキャンペーン

スクールホーム―“ケア”する学校

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 316,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130513128
  • NDC分類 370.4

内容説明

激変する社会と家族のはざまにあって、学校は子どもに何ができ、何を教える場でありうるのか…?ケアの場として学校を再構想する、思考実験の書。

目次

プロローグ 橋からの眺め
1章 学校と家庭
2章 文化とカリキュラム
3章 生きることへの学び
4章 抑圧された家庭的事柄
5章 家庭と世界
エピローグ 今ここで

著者紹介

マーティン,ジェーン・R.[マーティン,ジェーンR.][Martin,Jane Roland]
マサチューセッツ大学ボストン校名誉教授(教育哲学)。ニューヨーク生まれ。ハーバード大学においてイズラエル・シェフラーに師事、同大学にて博士号(Ph.D.)取得。以後、ブランダイズ大学、コロラド大学、ハーバード大学、ボストン大学などにおいて教鞭をとる。アメリカ教育哲学会会長の経歴を持つ。1998年、Wiiystine Goodsell Award受賞、教育哲学およびフェミニスト哲学を中心に、多様な分野で数多くの著書、論文がある

生田久美子[イクタクミコ]
東北大学大学院教育学研究科教授。東京生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。杉野女子大学家政学部教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

急変する家庭、地域社会で、誰からも<ケア>されない子ども。<ケア>の原理で構想しなおす、<ホーム>としての学校の思考実験。