• ポイントキャンペーン

東京の近代小学校―「国民」教育制度の成立過程

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 227,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130513050
  • NDC分類 376.2

目次

序章 問題の所在
第1章 就学者の増加過程
第2章 公立小学校と私立小学校の設置
第3章 学校の重層化
第4章 「国民」教育制度への行程
終章 総括と展望

著者紹介

土方苑子[ヒジカタソノコ]
1945年生まれ。1967年東京大学教育学部卒業。1974年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。国立教育研究所教育史料調査室研究員・同教育政策史料調査室長を経て、現在、東京大学大学院教育学研究科教授

出版社内容情報

ダイナミックな日本近代教育史.明治末までは親の階層によって違う小学校へ通うという東京の状態だったが,国民統合のための公立小学校への収斂がどのように実現したのかを,多くの小学校文書によって実証的・通史的に検討すると同時に,現代学校の画一的拘束性の根拠を探る