日本の不平等を考える―少子高齢社会の国際比較

個数:

日本の不平等を考える―少子高齢社会の国際比較

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月19日 14時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130511308
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C3036

出版社内容情報

貧困問題、格差社会・・・・・・いま、日本社会はどのくらい不平等な社会なのだろうか? 気鋭の研究者が日本の姿を描き出す。

内容説明

日本の不平等とは何か?日本社会はどの程度不平等なのか?社会のどこに、どのような人びとに不平等のひずみが現れているのか?他国との比較を通して日本の姿を描き出し、少子高齢化にともなう諸問題を考察する。―格差論・不平等論に新たな地平をひらく。

目次

序 比較の中の日本
1 日本はどれくらい不平等か
2 女性の労働参加と経済格差
3 子どものいる世帯の経済格差
4 巣立てぬ若者
5 母親が働くこと―人々の意識とその背景にある制度
6 高齢者の居場所―高齢化と世帯構造の変化
7 ひとり暮らしと三世代世帯の高齢者
8 日本の不平等を考える―人々の生き方と不平等

著者等紹介

白波瀬佐和子[シラハセサワコ]
1958年京都府生まれ。1997年オックスフォード大学博士号(社会学)取得。筑波大学大学院システム情報工学研究科助教授を経て現在、東京大学大学院人文社会系研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たばかる

16
出版当時2009年度の格差論に対し、日本の格差の実態とその原因を多くの調査データをもとに洗い出す。①日本の全体的な経済格差は他の先進国の状況と変わらない、なのに多くの人が悲観的に見ていた。②女性労働力の格差を見た場合、パート/フルタイムの間の差が大きい。日本のパート業の専門性が低く賃金が低いことが一因として考えられる③引きこもり・パラサイトシングルの場合、若い成人家族の貧困率の高さがあげられる。若いうちに一人立をしたり結婚をするのは賃金の状況から言ってリスクが高い。/このような現実の状況をよくみてよ2021/04/13

ilovetiiu

0
教科書として。2009/12/09

T-salt

0
ゼミ教科書として。膨大なデータに基づいて割と中立の立場から書かれており、良い研究、という感じがした。相関関係を因果関係としてとらえてしまわないようにしよう。2009/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/204775

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。