• ポイントキャンペーン

狼の民俗学―人獣交渉史の研究 (増補版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 432p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130503020
  • NDC分類 387
  • Cコード C3039

内容説明

ニホンオオカミと人間の関係史。かつて「神」と崇められたニホンオオカミが消えてから百年あまり。伝承や図像を丹念にたどりながら、かれらの姿を鮮やかに読み解く。

目次

序章 人と獣の交渉史
第1章 虎と狼―二つの民俗の位相
第2章 民間説話の中の狼
第3章 狼の表象史
第4章 狼と民俗信仰
補章 狼の民俗学に添えて

著者等紹介

菱川晶子[ヒシカワアキコ]
東京都生まれ。2004年國學院大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期修了、博士(文学)号取得。国立歴史民俗博物館外来研究員を経て、愛知大学非常勤講師・愛知大学綜合郷土研究所研究員。専門は、民俗学・口承文芸学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の森林に君臨していたニホンオオカミ――かつて「神」とあがめられたかれらが姿を消してから,すでに100年が過ぎ去り,人々の記憶からも静かに消えゆこうとしている.日本各地に残された伝承や図像を丹念に読み解き,ニホンオオカミと人間の関係史を鮮やかに描き上げた意欲作! 初版2009年の増補版.


序 章 人と獣の交渉史
第1章 虎と狼――二つの民俗の位相
1 室町物語「熊野の本地」の動物諸相
2 虎から狼へ――「鍛冶屋の婆」の変遷
3 虎の民俗、狼の民俗
第2章 民間説話の中の狼
1 狼報恩譚――人々の解釈と話のゆくえ
2 「送り狼」――口伝される生活の知恵
3 塩を求める狼――伝承と俗信から
4 「狼の眉毛」――授けられる富
第3章 狼の表象史
1 名称から辿る狼観
2 狼表現の系譜
第4章 狼と民俗信仰
1 東北地方における狼の民俗儀礼
2 狼の産見舞い
補章 狼の民俗学に添えて
1 「種の藤助」考――田の神信仰と祝言職
2 岩手の狼伝承
あとがき
増補版あとがき

The Folklore of Wolves: The History of Human-Animal Relationships(Expanded Revised Edition)
Akiko HISHIKAWA

菱川 晶子[ヒシカワ アキコ]
著・文・その他