地域社会の将来人口―地域人口推計の基礎から応用まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

地域社会の将来人口―地域人口推計の基礎から応用まで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月27日 12時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 326p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130502009
  • NDC分類 358.01
  • Cコード C3036

目次

第1部 地域別将来人口推計の基礎(将来人口推計の意義;人口変化のメカニズム;コーホート変化率と人口動態率;推計法と仮定値設定;地域推計の計算例)
第2部 地域別将来人口推計の方法(人口移動モデルの比較;プールモデルによる地域推計と考察;出生モデルの比較研究;市区町村別生命表の利用上の課題)
第3部 地域別将来人口推計の応用(諸外国の公的機関による地域推計;社人研の地域推計の変遷と2018年推計;社人研の地域推計の誤差;都道府県別高齢者人口の変化とその人口学的要因;社人研推計から見た将来の地域人口)

著者等紹介

西岡八郎[ニシオカハチロウ]
元国立社会保障・人口問題研究所部長。フェリス女学院大学非常勤講師

江崎雄治[エサキユウジ]
専修大学文学部教授

小池司朗[コイケシロウ]
国立社会保障・人口問題研究所部長

山内昌和[ヤマウチマサカズ]
早稲田大学教育・総合科学学術院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今日,地方自治体や民間企業等によっておこなわれている様々な計画のベースとなる地域別の将来人口推計は,どのような仮定やモデル,計算方法によっておこなわれ,またどのように活用することができるのか.地域社会の基礎データの仕組みをわかりやすく解説する.