ケータイの2000年代―成熟するモバイル社会

個数:

ケータイの2000年代―成熟するモバイル社会

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年08月30日 18時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130501804
  • NDC分類 694

目次

ケータイの2000年代
第1部 メディア利用の深化編(ケータイ・ネットはいかに日常化したか;モバイルは他のメディアとどう違うのか;デジタル・デバイドの現在―それは今なお問題であるのか)
第2部 つながりの変容編(SNSは「私」を変えるか―ケータイ・ネットと自己の多元化;メディア利用にみる恋愛・ネットワーク・家族形成;ケータイは友人関係を変えたのか―震災による関係の“縮小”と“柔軟な関係”の広がり;ジェンダーによるケータイ利用の差異;ケータイは社会関係資本たりうるか;モバイルな社会性へ向けて)
第3部 調査票(単純集計結果)・経年比較

著者紹介

松田美佐[マツダミサ]
中央大学文学部教授

土橋臣吾[ドバシシンゴ]
法政大学社会学部准教授

辻泉[ツジイズミ]
中央大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本社会のメディア利用の深化とコミュニケーションの変容を、大規模質問紙調査の経年比較から実証的に解明する。

空気や水のように社会のすみずみまで浸透しているケータイ.ケータイによって私たちの日々の行動やコミュニケーションはどう変化したのか.2011年に実施した大規模質問紙調査と2001年の調査結果を比較することによって,これまで印象論で語られがちだった日本人のケータイ利用の実態を実証的に解明する.

序 章 ケータイの2000年代(松田美佐)
第1部 メディア利用の深化編
第1章 ケータイ・ネットはいかに日常化したか(土橋臣吾)
第2章 モバイルは他のメディアとどう違うのか(石井健一)
第3章 デジタル・デバイドの現在(辻 大介)
[補論1]ケータイユーザーのインターネット利用(小寺敦之)
[補論2]ネット依存とケータイ依存(辻 大介)
[補論3]緊急時のケータイ利用 (吉井博明)
第2部 つながりの変容編
第4章 SNSは「私」を変えるか(浅野智彦)
第5章 メディア利用にみる恋愛・ネットワーク・家族形成(羽渕一代)
第6章 ケータイは友人関係を変えたのか(岩田 考)
[補論4]ソーシャル・メディアと若者(辻 泉)
第7章 ジェンダーによるケータイ利用の差異(松田美佐)
第8章 ケータイは社会関係資本たりうるか(辻 泉)
終 章 モバイルな社会性へ向けて(辻 泉・土橋臣吾)
第3部 調査票(単純集計結果)・経年比較

【著者紹介】
松田 美佐
松田美佐:中央大学文学部教授