“生”の社会学

個数:

“生”の社会学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 21時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 316,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130501682
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

日常世界で反省的な想像力を働かせ、“生”へまなざしを向けること。見通しにくさのなかで切実さを増す、現代日本社会における人びとの生命・生活・生涯を問いなおし、“生”を考え、“生”を生きる社会学の試み。

目次

1 “生”を支える座標軸(日常と非日常の社会学―文化的構図の変容;仕事と遊びの社会学―相互浸透するパンとサーカス;リスクと癒しの社会学―加熱と冷却の現在形)
2 “生”を彩る感情(死別の意味への希求―災害死・事故死と悲哀感情;老年世代の楽しみと翳り―ゲートボールが照らす時代の刻印;言葉と心―『タッチ』の社会学的理解;メディアが映す“生”―日常性のなかの深層)
3 “生”が問われる時代(“宴の終わり”とその後―世紀末・日本社会の解読;“生”の社会学のために)

著者等紹介

藤村正之[フジムラマサユキ]
1957年岩手県生まれ。1980年一橋大学社会学部卒業。1986年筑波大学大学院社会科学研究科博士課程修了。東京都立大学人文学部助手、武蔵大学教授などを経て、上智大学総合人間科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がっち

2
ひとつの生の在り方として、未来に代わりうる。生を支え、構成するもの。生命、生活、生涯の三部分の社会学的な研究、この生があるため、鏡のように死を映し出す。死を感じるとき生の価値観は増す。生の社会学と言えるよきほん2012/08/01

アイスキー

1
わかりやすくておまけに興味のそそる小テーマだった。ゲートボールって奥が深い…2013/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/60371

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。