日本IC産業の発展史―共同開発のダイナミズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本IC産業の発展史―共同開発のダイナミズム

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 01時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 263p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130460910
  • NDC分類 549.7

内容説明

本書は、大手需要家との共同開発という切り口から、日本IC産業の発展のダイナミズムを描き直そうとした試みである。

目次

序章 問題の所在と分析視角
第1章 ICの取引
第2章 ICの開発
第3章 ICの量産
第4章 企業間競争
終章 結論と現在への示唆

著者紹介

金容度[キムヨンド]
1964年生まれ。1988年韓国ソウル大学校経済学科卒業。1990年同大学校大学院経済学科卒業(修士)1990~92年韓国陸軍服務(歩兵)。1993~96年韓国産業研究院(KIET)勤務。1996~2002年東京大学大学院経済学研究科(修士、博士後期課程)。法政大学経営学部助教授。経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

初期のIC産業はどのように成長を遂げたのか? 電電公社やシャープ,カシオといった大手需要家との関係を,当時の技術者へのインタビュー調査によって製品開発の面から明らかにし,産業の情報化を牽引したIC産業の発展史を描き出す.