エンジニア・エコノミスト―フランス公共経済学の成立

  • ポイントキャンペーン

エンジニア・エコノミスト―フランス公共経済学の成立

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 305p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784130460460
  • NDC分類 331.235

内容説明

本書はこの科学者集団が次第に経済学に関心を向け、政府の経済的役割の分析から公共経済学を形成していく過程をたどり、彼らの経済思想の現代的意義を明らかにする。社会史的分析により経済学史研究に新風を吹込む。

目次

序章 エンジニア・エコノミストとはなにか
第1部 土木公団のエンジニアの知的・社会的環境(エンジニアはなぜ経済学に興味を持ったのか;エンジニアの経済思想はどのように形成されたのか)
第2部 公共事業と政府の経済的介入(なぜ政府が道路を作るのか;交通路における自然独占;政府介入の必要性)
第3部 交通路の利益と政府の役割(交通路の経済効果と「一般の利益」;政府の経済的介入の目的と方法)
終章 公共経済学とディリジスム

出版社内容情報

19世紀フランスで交通網の整備に携わった「土木公団」エンジニアたち.本書はこの科学者集団が次第に経済学に関心を向け,公共経済学を形成していく過程をたどり,彼らの経済思想の現代的意義を明らかにする. 渋沢・クローデル賞特別賞,日経経済図書文化賞受賞