東京大学産業経済研究叢書<br> 日本の企業会計

個数:
  • ポイントキャンペーン

東京大学産業経済研究叢書
日本の企業会計

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月20日 01時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784130410663
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C3033

目次

第1部 経済のストック化と原価評価・実現基準(原価評価・実現基準の枠組みの再検討;有価証券評価の情報機能;保有株式時価評価の所得再分配機能;企業支配株式の原価評価と持分法評価)
第2部 企業再編成と企業会計(企業合併会計の類型分析;1980年代の企業合併会計の特徴;財閥支配企業の合併と株式公開;企業分割会計の類型分析と事例研究―戦後企業再建整備期の企業分割を事例にして;電電公社民営化会計の経済的帰結)

出版社内容情報

有価証券評価にかかる現行の原価計算・実現基準の問題性と,企業再編時の会計処理の分析の通して,企業会計がその時々の日本経済に対して果たした役割を明らかにするとともに,原価評価・実現基準に代るものとして時価評価・実現可能性基準を構想する.