グローバルリスクと世界経済―政策不確実性による危機とリスク管理

個数:

グローバルリスクと世界経済―政策不確実性による危機とリスク管理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 09時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 281p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130402989
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C3033

出版社内容情報

経済のグローバル化は,ブレグジットや米中貿易戦争など,ある特定の地域で発生した事象が,瞬く間に深刻な現象に発展する危険性をはらむようになった.現代の世界経済が抱えるこうしたグローバルリスクについて,その測定を行うとともに影響について考察する.

目次

グローバルリスクの概念と測定―リスク回避行動を検証する
第1部 大規模な脅威(米中貿易戦争の影響―ミドルパワーは何ができるのか;チャイナリスクの金融的側面―新型コロナウイルス感染症対策も踏まえて;欧州経済のリスク―新型コロナウイルス感染拡大、ブレグジット、そしてユーロ圏金融市場のリスク)
第2部 グローバルリスクの影響(米国から新興国への資本フローに対する影響―グローバルリスクと資本受入国の固有リスクに着目して;アジアへの直接投資の変化―チャイナリスクと2010年代の日本企業の動向;政策不確実性が株式リターンに与える影響―短期的かつ長期的効果の理論的考察と実証分析)
グローバルリスクとその影響

著者等紹介

小川英治[オガワエイジ]
一橋大学名誉教授、東京経済大学経済学部教授(国際金融論)。1957年北海道生まれ。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(商学)。一橋大学大学院経営管理研究科教授を経て、現在に至る。1986~88年ハーバード大学経済学部、1992年カリフォルニア大学バークレー校経済学部、2000年9月国際通貨基金調査局で客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。