蜂起“インティファーダ”―占領下のパレスチナ 1967‐1993

個数:

蜂起“インティファーダ”―占領下のパレスチナ 1967‐1993

  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 400p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130363013
  • NDC分類 228.5
  • Cコード C3031

内容説明

人々の抵抗はなぜはじまったのか。抵抗の淵源を探る。

目次

1 占領下の人々(占領と人々―イスラエルとヨルダンのはざまで;「自治」に反対、独立国家に賛成―自治構想への抵抗;鉄拳政策との対話―「指導者を隠す」抗議行動)
2 PLOと西岸・ガザ地区(PLOと西岸・ガザ地区―政治外交の発展と「独立国家」の模索;インティファーダ―蜂起の政治空間とPLO;和平交渉と西岸・ガザ地区―インティファーダの終焉)
蜂起とパレスチナ

著者等紹介

鈴木啓之[スズキヒロユキ]
1987年神奈川県生まれ。2010年東京外国語大学外国語学部南・西アジア課程アラビア語専攻卒業。2015年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員PD(日本女子大学)、日本学術振興会海外特別研究員(ヘブライ大学ハリー・S・トルーマン平和研究所)を経て現在、東京大学大学院総合文化研究科スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座特任准教授、博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1987年にパレスチナで起こったイスラエルに対しての民衆蜂起(インティファーダ)はなぜ起こったのか? パレスチナ人の抵抗の歴史と蜂起の背後にあった構造的な変化を,さまざまな史料を渉猟しスリリングに描き出す.パレスチナ問題に新たな視角を提供する画期的な論考.【第9回東京大学南原繁記念出版賞受賞作】