民族自決と民族団結―ソ連と中国の民族エリート

個数:

民族自決と民族団結―ソ連と中国の民族エリート

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 400p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130362788
  • NDC分類 312.296
  • Cコード C3031

目次

中ソの差異はどこにあるのか
1 ソ連邦構成共和国の政治エリート集団(一九二〇年代の共和国政治エリート集団(一九二〇‐二九年)
集団化と経済再建の時期の共和国政治エリート集団(一九二九‐三七年)
大テロルと大祖国戦争の時期の共和国政治エリート集団(一九三七‐四五年))
2 中国少数民族自治区の政治エリート集団(国家建設期の自治区政治エリート集団(一九四九‐五六年)
反右派闘争と大躍進運動の時期の自治区政治エリート集団(一九五七‐六五年)
文革期の自治区政治エリート集団(一九六六‐七六年))
民族自決と民族団結

著者等紹介

熊倉潤[クマクラジュン]
1986年茨城県生まれ。東京大学文学部歴史文化学科東洋史専攻課程卒業。東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程修了、博士(法学)。日本学術振興会海外特別研究員・台湾政治大学東亞研究所客座助理研究員を経て、現在、アジア経済研究所新領域研究センター研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「民族自決」を前提として国家建設をしたソ連,同じ社会主義国でありながら,「民族団結」を前提として国家建設をした中国.本書は両国の少数民族政策を比較し,両国の制度的な差異,そして国家そのものの差異を明らかにし,崩壊した国家・ソ連と存続した国家・中国の本質に迫る,気鋭の論考.