犯罪被害者の司法参加と量刑

個数:

犯罪被害者の司法参加と量刑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 370p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130361491
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3032

目次

第1部 被害者による刑事司法への参加をめぐる状況と量刑への影響(日本;アメリカ;オーストラリア、イギリス;模擬裁判研究;先行研究の知見とその含意)
第2部 理論的検討(心理学の視点から;裁判官の量刑判断と数値換算―その心理学的考察;知見の総括とその含意)
第3部 実証研究(被害者参加による影響のメカニズム;制度利用と量刑;被害者感情と量刑;自動車事故事件の記録調査;まとめ)

著者等紹介

佐伯昌彦[サエキマサヒコ]
1984年生まれ。2007年3月東京大学法学部卒業。2009年3月東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。2009年4月東京大学大学院法学政治学研究科助教。2012年4月千葉大学法経学部准教授。現在、千葉大学法政経学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

被害者の司法プロセスへの参加は、判決に影響を及ぼすのか。法社会学および心理学の知見をふまえ、実証的に分析。

被害者の司法プロセスへの参加は,裁判で下される判決に影響を及ぼすのか,あるいは及ぼさないのか.本書は,法社会学および心理学の知見をふまえ,被害者にかかわるどのような要素が量刑判断を左右するのか,実証的に分析する.従来の研究に見直しを迫る「法と心理学」の到達点.

はじめに
0-1.はじめに
0-2.日本における被害者保護の動向
0-3.本書の課題と検討方法

第1部 被害者による刑事司法への参加をめぐる状況と量刑への影響
第1章 日本
 1-1.日本における被害者の刑事裁判への参加
 1-2.日本における研究状況
 1-3.小括
第2章 アメリカ
 2-1.VISの概要
 2-2.VISが量刑に及ぼす影響に関する研究
 2-3.小括
第3章 オーストラリア,イギリス
 3-1.オーストラリアにおける状況
 3-2.イングランドおよびウェールズにおける状況
 3-3.スコットランドにおける状況
 3-4.小括
第4章 模擬裁判研究
 4-1.導入
 4-2.模擬裁判研究実施方法の特徴
 4-3.模擬裁判研究の知見
 4-4.模擬裁判研究の問題点とそれへの対応
 4-5.小括
第5章 先行研究の知見とその含意
 5-1.英米法圏における実証研究の知見の総括
 5-2.これまでの議論の取りまとめ

第2部 理論的検討
第6章 心理学の視点から
 6-1.公正の心理学の視点から
 6-2.帰属研究の視点から
 6-3.感情研究の視点から
 6-4.身元の分かる被害者効果の視点から
 6-5.進化心理学の視点から
第7章 裁判官の量刑判断と数値換算――その心理学的考察
 7-1.裁判官の量刑判断とバイアス
 7-2.具体的な数値としての量刑判断
第8章 知見の総括とその含意
 8-1.理論的検討の総括
 8-2.先行研究の知見の再検討

第3部 実証研究
第9章 被害者参加による影響のメカニズム
 9-1.「被害者参加が量刑判断に及ぼす影響」の意味
 9-2.被害者関連情報の分類
 9-3.小括
第10章 制度利用と量刑
 10-1.実験の実施方法
 10-2.分析結果
 10-3.小括
第11章 被害者感情と量刑
 11-1.問題関心
 11-2.実験の実施方法
 11-3.分析結果
 11-4.分布グラフに対する反応の違い
 11-5.小括
第12章 自動車事故事件の記録調査
 12-1.研究の目的および方法
 12-2.分析結果
 12-3.意見陳述制度以外の被害者関与との関連
 12-4.意見陳述制度と量刑判断との関係についての質的検討
 12-5.総合考察
 12-6.本調査の限界と今後の課題
第13章 まとめ
 13-1.実証研究の知見のまとめ
 13-2.心理学モデルとの関連
 13-3.本研究のまとめ
 13-4.課題への回答
 13-5.今後の課題

あとがき
参考文献
索引

【著者紹介】
佐伯 昌彦
佐伯昌彦:千葉大学法政経学部准教授