日本政党史論〈2〉明治国家の議会と政党 (新装版)

個数:

日本政党史論〈2〉明治国家の議会と政党 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 08時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 486p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130342728
  • NDC分類 315.1
  • Cコード C3331

出版社内容情報

近代日本政治史研究の基本文献として今なお高い評価を受けている名著を、待望の新装復刊。帝国議会下の政府と政党の関係を描く。

1890(明治23)年の帝国議会開院を契機に,官僚機構や地方制度の整備と相まって,政党には自由民権運動とは異質の性格が生じた.伊藤博文・山縣有朋ら元老から桂太郎・原敬・西園寺公望に及ぶ帝国議会における政府と政党の関係をたどる.【初版1966年】

【著者紹介】
升味準之輔:元東京都立大学名誉教授

内容説明

天下熱は政治的流動状態を前提とした目標不確定の投機的燃焼である。集権化の進行が国家体制と中央政界の発展をうながし、議会という政治的舞台を得た政府と政党の関係は新たな段階へと突入する。

目次

第4章 官僚制と府県会(官僚制の形成;府県会と地方政治)
第5章 一八九〇年代の議会と政党(大同団結;初期議会;自由党四派)
第6章 初期の政友会(創立前後;野党てしての政友会)