U.P.plus<br> 新興国から見るアフターコロナの時代―米中対立の間に広がる世界

個数:

U.P.plus
新興国から見るアフターコロナの時代―米中対立の間に広がる世界

  • ウェブストアに133冊在庫がございます。(2022年01月25日 22時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130333023
  • NDC分類 302
  • Cコード C1030

出版社内容情報

新型コロナウイルス感染症によって,世界秩序は大きく変化している.その影響は米中といった超大国だけではなく,地域大国(BRICS)にも及んでいる.本書は,大きく変化する国際関係を地域大国といわれる国々を中心に多角的な視点から分析し,最新の動向を踏まえ展望する.

内容説明

ロシア、インド、トルコ、ブラジル、南アフリカ、中東、中央アジア…。コロナ禍の中で、地域大国はどのようになっているのか、そして、米中対立が激化するなか、世界は今後どのように動くのか?最新の知見のもとに分析する。

目次

1 地域大国の立場(コロナ危機後のロシアと世界―「長い二〇一〇年代」か、新しい世界か;継続する安全保障化と地域秩序中心のアプローチ―コロナ危機下の二〇二〇年におけるトルコの内政と外交;インド―コロナの苦境を機会に変えることができるか ほか)
2 小国の立ち回り(中国=モンゴル関係のメタファーとしてのコロナ;アフター・コロナの中国の新疆政策;「小国」は主体か、客体か?―米中対立下の香港 ほか)
3 地域のまとまりと分裂(アフターコロナの中東秩序;中央アジアの新型コロナ問題と国際関係―減速する世界?;キューバ白衣外交の文脈―トランプとコロナ)

著者等紹介

川島真[カワシマシン]
東京大学大学院総合文化研究科教授。専門はアジア政治外交史

池内恵[イケウチサトシ]
東京大学先端科学技術研究センター教授。専門はイスラーム政治思想史・中東研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。