政策実施の組織とガバナンス―広告景観規制をめぐる政策リサーチ

個数:

政策実施の組織とガバナンス―広告景観規制をめぐる政策リサーチ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130301701
  • NDC分類 674.8
  • Cコード C3031

内容説明

成功している自治体はどこが違うのか。なくならない法令違反。自治体を動かし規制を機能させるにはどうすべきか。屋外広告物政策の実施における失敗・成功例を多面的に分析、政策提言まで行う。『政策リサーチ入門』の実践編。

目次

序論 本書の問いと構成
第1部 なぜ政策は失敗するのか―政策実施組織の構造の理論分析(政策実施研究の論点と屋外広告物政策の概要;政策実施を妨げる職員行動と組織構造;平均的自治体の屋外広告物事務)
第2部 なぜ違反対応は実行されたか―政策実施ガバナンスの理論と事例(政策実施ガバナンスの理論;屋外広告物政策の歴史と国の関与;静岡県の東海道新幹線沿線野立看板対策;京都市のローラー作戦による違反適正化;金沢市審査会方式と宮崎市適正化プラン)
第3部 実施活動を変えるものは何か―行政・市民・業界の統計分析(統合的統計分析による仮説検証;屋外広告業界の構造と法遵守;市民意識と政策支持の規定要因)
結論 実効性ある政策実施のために

著者等紹介

伊藤修一郎[イトウシュウイチロウ]
1960年神奈川県に生まれる。神奈川県勤務(土木部、企画部、総務部)。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了、博士(政策・メディア)。群馬大学社会情報学部講師、筑波大学大学院人文社会科学研究科教授を経て、現在、学習院大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なくならない法令違反.自治体を動かし規制を機能させるにはどうすべきか.成功している自治体はどこが違うのか.屋外広告物政策における失敗・成功例を多面的に分析し,政策提言までおこなう.好評テキスト『政策リサーチ入門――仮説検証による問題解決の技法』(2011年)の実践編.