公共圏の歴史的創造―江湖の思想へ

個数:
  • ポイントキャンペーン

公共圏の歴史的創造―江湖の思想へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 18時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 321,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130266024
  • NDC分類 210

内容説明

本書は近代性、あるいは近代思潮に関する研究書である。明治以前に遡る歴史的概念と明治以降の翻訳概念とが、現在、生活世界や政治の領域で交わされている日常語をどのように規定=拘束しているのかを問題として、“公”というカテゴリーをめぐる言説の、流布された自明性を解体し、そのことによって、社会関係の結び目(ソシアビリテ)をより生存しやすい交通様式へと開いている。

目次

歴史的創造という視角
第1部 勧進と社会的交通―結社の可能態(公共負担構造の転換―解体と再組織化;租税公共観の前提―勧進の脱呪術化;メディエーションと権力―近世都市災害史断章)
第2部 王権表象としての結界(都市王権と中世国家―畿外と自己像;隔壁の誕生―中世神泉苑と不可視のシステム;存在被拘束性としての洛中洛外―瀬田勝哉『洛中洛外の群像』によせて)
第3部 江湖の思想(公共性問題の輻輳構造;明治における江湖の浮上;中世禅林と未完のモデルネ)

著者紹介

東島誠[ヒガシジママコト]
1967年大阪に生れる。1990年東京大学文学部卒業。1992年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1996年日本学術振興会特別研究員。1999年東京大学博士(文学)学位取得。現在、東京外国語大学非常勤講師、東京大学史料編纂所研究機関研究員