くらしがつなぐ寧波と日本

個数:

くらしがつなぐ寧波と日本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 13時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 252,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130251433
  • NDC分類 220
  • Cコード C1321

出版社内容情報

「日本文化」の形成に大きな影響を与えた寧波。その歴史と文化を育んだ環境を、多彩なフィールドワークから描き出す。

「日本文化」の形成に大きな影響を与えた寧波の文化は,いかなる環境のなかではぐくまれたのか.多彩なフィールドワークによって,寧波の自然環境と人間社会とのかかわり,そして日本の環境との類似性を示しながら,海を介してつながる生活世界を豊富な具体例から描く.

プロローグ くらしがつなぐ寧波と日本
第I部 「水の世界」寧波の環境と社会
一 「水郷」寧波の生活
二 「港町」寧波の人々
第II部 歩いて実感する浙江の生活文化
一 お茶のふるさとを求めて
二 浙江東部の伝統演劇 
三 浙江地域の「船上生活者」
第III部 いざ、寧波から海を越えて
一 海を渡る石
二 海を越える神々
三 近代寧波の商人と日中貿易

【著者紹介】
小島 毅
小島 毅:東京大学大学院人文社会系研究科教授

内容説明

海、川、運河…水に囲まれた寧波の生活文化は、いかに育まれ、海域へと伝播したのか。その諸相を、現地の環境とくらしに探る。

目次

第1部 「水の世界」寧波の環境と社会(「水郷」寧波の生活;「港町」寧波の人びと)
第2部 歩いて実感・浙江の生活文化(お茶のふるさとを求めて―民族植物学者浙江の旅;浙江東部の伝統演劇を求めて―寧波の伝統芸能空間;浙江地域の「船上生活者」)
第3部 いざ、寧波から海を越えて!(海を渡る石;海を越える神々;近代寧波の商人と日中貿易)

著者等紹介

高津孝[タカツタカシ]
鹿児島大学法文学部教授。中国文学

小島毅[コジマツヨシ]
東京大学大学院人文社会系研究科教授。中国思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件