草の根のファシズム―日本民衆の戦争体験

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 302,/高さ 19X14cm
  • 商品コード 9784130250719
  • NDC分類 209.6

内容説明

310万の日本人が死に、その何倍ものアジアの民衆に犠牲を強いた〈戦争〉…、敗戦後42年目の夏、いま多くの日本人が、自らの体験をとおして語りかける。あの戦争は、わたしたちにとって、一体、何だったのか、と。

目次

第1章 デモクラシーからファシズムへ(戦争への不安と期待;民衆の戦争;中国の戦場で)
第2章 草の根のファシズム(ファシズムの根もと;民衆の序列)
第3章 アジアの戦争(インドネシアの幻影;ビルマの流星群;フィリピンの山野で;再び中国戦線で)
第4章 戦場からのデモクラシー(ひび割れるファシズム;国家の崩壊を越えて)

出版社内容情報

日本民衆の全てを巻き込み,三百万以上の日本人を殺し,その何倍ものアジアの民衆に犠牲を強いた「アジア太平洋戦争」--多くの日本人は,熱心にこの戦争を支え,そして幾多の深淵を見た.今,民衆は語り始める.あの戦争は,私たちにとって一体何だったのか.