歴史の描き方<br> 戦後という地政学

個数:

歴史の描き方
戦後という地政学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 02時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130250177
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C3320

出版社内容情報

「戦後」とは「何かのあと」という表現としては,純粋に時間的な既定である.しかしそこには「アメリカの影」や,それに張り付いた隠微なナショナリズムが繁茂している.本巻は,こうした《ねじれ》に目を凝らし,近代日本像の相対化という意志の生い立った磁場そのものをあえて問題とする.

内容説明

戦後再編成を再検討する。「戦後」という自己諒解そのものを問い直し、「戦後」の時空間と「戦後」像を一新する。

目次

1 占領と戦後イデオロギーの形成(占領空間の戦争シンボル―国旗とGHQ;主体性と動員―戦中から戦後へ;戦後新宗教の戦争理解―修養団捧誠会の場合)
2 ジェンダー秩序の再編成(日本家庭経営法―戦後日本における「新生活運動」;戦後女性運動の地政学―「平和」と「女性」のあいだ)
3 「国民文学」の境界(“国=家の物語”を組み替える―「戦後文学」としての在日朝鮮人文学;もう一つの神話の構築―大江健三郎『M/Tと森のフシギの物語』論)

著者等紹介

西川祐子[ニシカワユウコ]
京都文教大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。