歴史を社会に活かす―楽しむ・学ぶ・伝える・観る

個数:

歴史を社会に活かす―楽しむ・学ぶ・伝える・観る

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年10月18日 12時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 330p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130230735
  • NDC分類 207.034
  • Cコード C1020

内容説明

歴史学になにができるのか。娯楽、教育、メディア、博物館―社会とつながる活動の現場からの提言。

目次

1 楽しむ―カルチャーからエンターテインメントへ(「バーチャル名護屋城」の試み―佐賀県立名護屋城博物館の城復元CG;旅に出て歩いて学ぶ歴史の現場―『観光コースでない』シリーズの誕生 ほか)
2 学ぶ―自ら考える教育の可能性(歴史教科書を学び捨てる;学習マンガと歴史学 ほか)
3 伝える―多様化するメディアと情報(歴史学とメディアの現在;歴史学・学術書・読者の新たな関係を考える―編集者の立場から ほか)
4 観る―博物館は深化する(歴史資料を展示する博物館の未来;ピースおおさかの加害展示をめぐる問題状況 ほか)

出版社内容情報

書物や新聞そしてインターネットによる情報や,博物館展示や学校の授業など,歴史に触れる機会は数多いが,歴史研究の新たな成果はどれほど社会に伝わっているのか.研究者と社会とをつなぐ役割をになっている人たちの現場の声と向き合い,これからの歴史学が取り組むべき課題を示す.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件