コミュニティ心理学―地域臨床の理論と実践

コミュニティ心理学―地域臨床の理論と実践

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130120203
  • NDC分類 361.4

出版社内容情報

悩める人への授助は専門家と地域社会のさまざまな人々との連携の中でこそ可能である.本書は心理臨床家,ソーシャルワーカー,保健婦,教師などに向け,危機介入,コンサルテーション,社会的支援とその組織づくり,環境問題調査の方法などを体験に基づき具体的に説く.

内容説明

地域臨床の発想と方法を求めて!―心理臨床家、ソーシャルワーカー、保健婦、教師、そして地域社会で共に生きることを模索するあなたに!悩める人への援助は専門家と地域社会のさまざまな人々との連携の中でこそ可能である。

目次

1 コミュニティ心理学の発想と展開
2 危機理論と危機介入の方法
3 コンサルテーションの理論と実際
4 社会的支援とその組織づくり
5 環境研究とコミュニティ心理学

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スライムA

0
環境研究との関連、生体学的心理学の考え方がおもしろかった。2018/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/236708

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。