認められたい欲望と過剰な自分語り―そして居合わせた他者・過去とともにある私へ

個数:

認められたい欲望と過剰な自分語り―そして居合わせた他者・過去とともにある私へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130101219
  • NDC分類 371
  • Cコード C3010

内容説明

いま、他者とともに語り、生み出される“わたし”へ―。サブカルチャー、データベース化する自己、ナショナリズム…外部を失い閉塞する現代日本の“自分語り”とそこにこそ潜む、教育の可能性について。

目次

はじめに “わたし”を生成する学びへ
1 生成する“わたし”(“外部”の終焉と共身体的自我へ;回帰的な自分と教育の可能性;過去の架橋と生成する“わたし”)
2 語る“わたし”(過去からの救済と語ること;“いま”語る“わたし”―他者とのあいだに立ち上がる共感的身体 台湾の民衆が語る植民地時代の過剰な自己)
おわりに 過去への寛容を導くもの

著者等紹介

牧野篤[マキノアツシ]
1960年生まれ。東京大学大学院教育学研究科教授。名古屋大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。中国中央教育科学研究所客員研究員、名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授を経て、2008年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おせきはん

12
日本統治を経験した台湾の方々の中国観、反日教育を受けてきた中国人大学生の日本観などを通じて、歴史観と歴史教育、歴史の政治利用について考えることができました。本書に書かれているように、歴史観は過去を一つの立場から見たものに過ぎないこと、知識としての過去しか知らない人の歴史感覚が容易に政治によって動員されやすいことを理解したうえで、未来に向けての相互承認、つまり過去認識の違いを違いとして認め合いながら、共通の将来に向けた対話を許し合う関係としての和解を模索することが本当に大切だと思いました。2019/07/08

あゆみ

1
途中までしか読んでないし、明日図書館に返さなきゃいけない本だけどとりあえず・・・。過剰な自分語りと言うよりは、昔の日本の歴史話みたいな話だったねー(´・ω・) 昔の学校の在り方や教育の話。日本人と台湾人は学校が分けられていたとか。シナ兵が入って来てからは、高い教育を受けた人は次々と殺されたりとか、なかなか大変だったねぇ〜2019/03/20

MADAKI

0
ナラティブの可能性とあり方を現代に問い直すといった感じ。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2612024

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。