中公文庫<br> 科学者の創造性―雑誌『自然』より

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

中公文庫
科学者の創造性―雑誌『自然』より

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月26日 00時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122071315
  • NDC分類 404
  • Cコード C1195

出版社内容情報

一冊の本との出会いによって物理学を志した学生時代の回想から、講演「素粒子論はいずこへ」「科学の進歩と国際協力」、ノーベル賞授賞式出席への旅を綴った「旅のノートから」まで。科学雑誌『自然』に一九四七年から七五年にかけて発表したエッセイと講演を集成。文庫オリジナル。


〈巻末対談〉水上勉×湯川秀樹「京都と日本を語る」




(収録作品一覧)


思い出すこと/学術の交流/旅のノートから/若い人々へ/仁科芳雄先生の思い出/素粒子論の現状と将来/科学の進歩と国際協力/素粒子論はいずこへ/研究者としての人間/理論物理学の伝統について/将来計画の意義/二つの道を一つに/物理学の老化と若返り/科学者の創造性/素粒子論の現状と将来/物理学者群像/日本科学の一〇〇年/ベータ崩壊の古代史

〈巻末対談〉水上勉×湯川秀樹「京都と日本を語る」

内容説明

一冊の本との出会いによって物理学を志した学生時代の回想から、講演「素粒子論はいずこへ」「科学の進歩と国際協力」、ノーベル賞授賞式への旅を綴った「旅のノートから」まで。科学雑誌『自然』に一九四七年から七五年にかけて発表したエッセイと講演を集成。文庫オリジナル。

目次

1(思い出すこと;学術の交流;旅のノートから;若い人々へ;仁科芳雄先生の思い出;科学の進歩と国際協力;研究者としての人間;二つの道を一つに;科学者の創造性;物理学者群像 変革期に生きる;日本の科学の一〇〇年 一物理学者の視点から)
2(素粒子論の現状と将来 湯川記念館開館記念講演;素粒子論はいずこへ 会議が終って;理論物理学の伝統について;将来計画の意義;物理学の老化と若返り;素粒子論の現状と将来 素粒子論三〇年;ベータ崩壊の古代史)
巻末対談 京都と日本を語る(水上勉×湯川秀樹)

著者等紹介

湯川秀樹[ユカワヒデキ]
1907年東京生まれ。物理学者。29年京都帝国大学理学部物理学科卒業。34年日本数学物理学会常会で中間子仮説を発表。43年文化勲章受章。49年ノーベル物理学賞受賞。52年京都大学に湯川記念館完成、翌53年共同利用研究所として基礎物理学研究所に改称、初代所長となる。70年京都大学退官、京都大学名誉教授。81年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。