中公文庫<br> あの家に暮らす四人の女

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

中公文庫
あの家に暮らす四人の女

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2022年01月21日 17時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122066014
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

出版社内容情報

ここは女たちの地上の楽園?! シングルだけど、?一人?じゃない。女たちの本音と夢があふれ出す、阿佐ヶ谷の古びた洋館・牧田家。家の平和を守る老人、「開かずの間」の秘密、ストーカー男の闖入など、今日も牧田家の暮らしは豊かでかしましい。

三浦しをん[ミウラシヲン]
著・文・その他

内容説明

ここは杉並の古びた洋館。父の行方を知らない刺繍作家の佐知と気ままな母・鶴代、佐知の友人の雪乃(毒舌)と多恵美(ダメ男に甘い)の四人が暮らす。ストーカー男の闖入に謎の老人・山田も馳せ参じ、今日も笑いと珍事に事欠かない牧田家。ゆるやかに流れる日々が、心に巣くった孤独をほぐす同居物語。織田作之助賞受賞作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

414
イケメン内装業者と佐知とのドキドキハラハラな出会い、多恵美の元彼のストーカー事件、そして雪乃による『開かずの間』突入など、ちょっとした出来事が三浦さん一流の味付けでドラマティックな物語へと昇華して楽しませてくれました。超一流な構成の妙が安定した土台を築くこの作品。超一流なキャラクター設定が人の生命力の強さを感じさせるこの作品。そして、超一流な三浦さんのエッセイのかっ飛んだ世界観が全体を包み込むこの作品。三浦さんのファンで良かった!つくづくそう感じさせてくれた小説とエッセイが融合した夢の先にある作品でした。2021/08/21

Yunemo

395
表題からは何の話かな、という素朴な疑問のままに中身に突入。あの家に何らかの意味があるのかなとも。日常の淡々とした生活を、またいわゆる日常の中の珍事を、4人の女の生き方を、静かなタッチで表現されてますね。解説で説明されてるように谷崎の没後50年にあたって、谷崎作品・細雪にちなんだ書下ろし作品が本作。4人のそれぞれの性格で、今の女をデフォルメしているような感覚にも捉われます。ある部分ファンタジックで、カラス、父親の霊、河童のミイラとそれぞれに語り部としての登場。外から見る眼ってこんな感じなんだという新鮮さも。2018/07/29

bunmei

372
はっきりとした起承転結もなく、物語のピークもないのですが、女4人の共同生活による日常を、しをんさんならではの女性の視点で切り取った、ほのぼのとした物語。母・鶴代と刺繍作家の娘・佐知が住む古い洋館に転がり込んで生活するようになった多恵美と雪乃。心に孤独と過去を引きずりながらも、この洋館での暮らしに馴染んでいく中でお互いの心を解きほぐしていきます。アラフォーの佐知の心のつぶやきを通して、著者の思いも語られているのでしょう。但し、後半はいつものしをん作品とは一味違うファンタジーの世界が展開します。2018/08/28

あきぽん(旧本読みたぬき)

343
私自身、現在オンナだけで快適に暮らしているのでこの楽でゆるい感じ、ものすごく共感しました。未婚率が上がっているのは男性の非正規雇用の増加や見合い結婚の消滅、というのもあるけど、男も女も、結婚しなくても生きていける(あるいはその方が生きやすい)人が増えているからというのがホントのところではないでしょうか?メディアはそんなことは決して言いませんが。好きな異性と一緒になるのも素敵な人生、でも、そうならなくても他にいいことがあります。生産性はありませんが笑。2018/09/06

ゴルフ72

282
まほろ駅前以来しをんさんの作品が読みたかった。この作品も安心して読み終えた。母と娘、娘の友人とその友人かなり古くなった洋館で暮らす物語。それぞれのキャラクターに加え行方を不明の父がこんな形で登場するとは(笑)河童も良いアクセントになっています。面白かったです。2018/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12877512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。