中公文庫<br> ツァラトゥストラ

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
ツァラトゥストラ

  • ウェブストアに40冊在庫がございます。(2021年11月28日 18時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 768p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122065932
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1110

出版社内容情報

神の死でニヒリズムに陥ったヨーロッパ精神を、生をありのままに肯定し自由な境地に生きる超人によって克服する予言の書。この近代の思想と文学に強烈な衝撃を与えた、ニーチェの主著を格調高い訳文と懇切な訳注で贈る。文字を大きくした読みやすい新版

ニーチェ[ニーチェ]
著・文・その他

手? 富雄[テヅカトミオ]
翻訳

内容説明

神の死でニヒリズムに陥ったヨーロッパ精神を、生をありのままに肯定し自由な境地に生きる超人によって克服する予言の書。この近代の思想と文学に強烈な衝撃を与えた、ニーチェの主著を格調高い訳文と懇切な訳注で贈る。巻末対談、三島由紀夫・手塚富雄。

目次

第1部(ツァラトゥストラの序説―超人と末人;ツァラトゥストラの言説)
第2部(鏡をもった小児;至福の島々で ほか)
第3部(さすらいびと;幻影と謎 ほか)
第4・最終部(蜜の供え物;危急の叫び ほか)

著者等紹介

ニーチェ[ニーチェ] [Nietzsche,Friedrich Wilhelm]
1844年プロイセン(現ドイツ)ザクセン州生まれ。ドイツの哲学者。ボン大学、ライプチヒ大学で学び、69年スイス・バーゼル大学の古典文献学教授となる。79年同大学の教授を辞し、著述に専念。1900年没

手塚富雄[テズカトミオ]
1903(明治36)年宇都宮市生まれ。東京帝国大学文学部独文科を卒業と同時に旧制松本高校教授となる。43年から64年まで東京大学文学部でドイツ近代抒情詩を講義する。東京大学名誉教授。文化功労者。83(昭和58)年没。訳書にゲーテ『ファウスト』(読売文学賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

イプシロン

36
解釈しだいでは劇薬になる著作である。――恐らく、ニーチェが生涯をかけて追求したのは「道徳」のありかたであろう。彼の理論はこうだろう。道徳は二つに大別できる。君主道徳と奴隷道徳。前者はノブレス・オブリージュにまつわる社会的評価、あるいはまた被救済者への憐れみに隠れた差別意識。後者はルサンチマンという言葉で知られるとおり、弱者が恵まれない立場にあることを理由にして怨みを抱き、強者に復讐せんとする心情である。『ツァラトゥストラ』に於いて主に糾弾されるのは、人々にルサンチマンを抱かせる権威化したキリスト教を2020/11/22

ブルース・バナー

10
再読。生の肯定や従来の価値観の否定、永劫回帰を詩的に描き、人間の一つの未来を示唆するもの。かつてただ墨守されるべきとされた道徳をも駱駝、獅子、幼児、つまり守破離の原則のなかに置き、悪徳を以て新たな価値と為すという徹底した生の肯定には、力強さと勇気が強く感じられる。またニーチェはヨーロッパにあった従来の価値観そのものを否定した。しかしながらそれ以上に大きな意味を感じられるものは、従来の価値観を否定するプロセスの中にある。自分がそうだから分かるが、臆病で怠惰な者、つまり人任せな者であるほど⇒2020/05/30

nob

6
ニーチェ思想の集大成。キリスト教的倫理観をバッサリ否定し、欲望に満ちた生を肯定する。パッシブな善より、アグレッシブな悪を肯定するような部分に危うさを感じつつも、荷を負うだけのラクダから猛り狂う獅子へ、そして自由奔放な子供へ、という流れの通過点として捉えた方がいいのだろう。矛盾とまでは言わないが、論理が整理されていない感もある。これはそもそも哲学書ではなく、叙事詩なのだろう。論理よりも感性に訴えるもの。丁寧でわかりやすい訳注がとても助かる反面、お節介すぎな気もする。「読書をする怠け者」になってしまうような。2021/08/28

しゅう

2
超人、永劫回帰、キリスト教批判などといったニーチェの基礎知識は入門書で得ていたが、綱渡りらへんまではついていけたがそれ以降は、なかなか理解して読むことが出来なかった。 本書の訳は分かりやすい方だと思うが自分には難しかった。2021/11/13

jhack_hitchi

2
ユーチューバのアバタローさんを聴いて購読。予備知識を入れておいて私の場合は正解でした。笑; 比喩が多くてこの場面はこんな状態の事を言っているの?この比喩はどんな状態を意味しているんだろ?とか難しかったです。どうやって全部読み終えようかを考え一日一章進めていく事にしました。半ば修行のようでした。笑 永劫回帰という考え方はなるほど!と覚醒するような衝撃を受けました。同じ自分を繰り返したいですか?いや少しでも高めた自分をまた繰り返したい。そして…少しでも近付いて…また会いたい!と思った笑 自己肯定と意識高く2021/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12816020

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。