中公文庫<br> 黒い炎―背徳についての七篇

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
黒い炎―背徳についての七篇

  • ウェブストアに175冊在庫がございます。(2018年09月22日 08時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122065345
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C1193

内容説明

全員淫らで、人でなし。夫の浮気に悩む同級生の千代子と玉子が意外な人物と結びつく「二人妻」、母から受けた虐待の記憶と出生の真実が溶けあう「雪」―濃密に咲き乱れる、人間たちの“裏の顔”。安野モヨコの描き下ろし挿絵とともに楽しむ、永井荷風、円地文子、久生十蘭、小島信夫、幸田文、河野多惠子の知られざる名短篇。

著者等紹介

安野モヨコ[アンノモヨコ]
昭和46年(1971)、東京生まれ。漫画家。「まったくイカしたやつらだぜ」でデビュー。エッセイスト、絵師としても活躍し、幅広い層から支持を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

不倫、子殺し、乱倫――はからずも足を踏み入れてしまう人生の隘路。浮気を巡り夫婦二組の日常が交錯する永井荷風の「二人妻」、母への葛藤と哀しい出生の秘密が絡みあう河野多恵子の「雪」、性的不満を抱えた妻とその夫を愛する男性との三角関係を描いた小島信夫の「黒い炎」……一度迷い込んだら抜け出せない好評シリーズ第三弾。

安野モヨコ[アンノモヨコ]
編集