中公文庫<br> 井上ひさしの読書眼鏡

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

中公文庫
井上ひさしの読書眼鏡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 13時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 185p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122061804
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1195

内容説明

面白くて、恐ろしい本の数々―。足かけ四年にわたり『読売新聞』読書面に連載された書評コラム「井上ひさしの読書眼鏡」三十四編。そして、藤沢周平、米原万里の本を論じる。著者の遺稿となった書評集。

目次

井上ひさしの読書眼鏡(不眠症には辞書が効く;知識を磨く二冊の事典;古本、今が絶好の買い時;歴史教科書、徹底論議を;絶望からつむぐ希望の言葉;三番目はサイモン;時の流れが文化を育む;世界の真実、この一冊に;優れた「組織者」の労作;本当の学問の方法とは ほか)
米原万里の全著作
藤沢さんの日の光

著者等紹介

井上ひさし[イノウエヒサシ]
1934年生まれ。上智大学仏語科卒。「ひょっこりひょうたん島」など放送作家として活躍後、戯曲・小説などの執筆活動に入る。小説では『手鎖心中』で直木賞、『吉里吉里人』で日本SF大賞および読売文学賞、『腹鼓記』『不忠臣蔵』で吉川英治文学賞、『東京セブンローズ』で菊池寛賞、戯曲では「道元の冒険」で岸田戯曲賞、「しみじみ日本・乃木大将」「小林一茶」で紀伊國屋演劇賞および読売文学賞、「シャンハイムーン」で谷崎潤一郎賞、「太鼓たたいて笛ふいて」で毎日芸術賞および鶴屋南北戯曲賞など、受賞多数。2010年4月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

115
井上さん最後の書評集です。読売新聞に書かれていたものを集めたようです。この書評で私は朝倉書店の日本史事典を購入したことを思い出しました。ふつうあまり一般の評判にはのぼらない本を結構紹介してくれています。中小企業白書なども紹介しています。また米原万里の全著作というコーナーも書かれています。読みたくなります。2015/11/05

マエダ

39
”過去を極めて未来が見える”を読んで半藤一利さんの本が読みたくなった。この手の本を読むと繋がりができるのが良い。2022/01/11

梅干を食べながら散歩をするのが好き

24
約20年前に新聞で連載された書評集。▼読書に関するエッセイはこの本以前に何冊か出ているが、これは殆どが「書評」に限られた内容であった。▼読みやすい内容であったが、当然のことながら、紹介されている本が既に鮮度が落ちたものが含まれているのは残念な点である。▼しかし、本に対する着目点や、内容の本質を見抜く鋭い洞察力は流石。「本の読み方」について学ぶことが多い。▼この本でもやはり「辞書」の話題が出てきた。不眠症克服のためには、睡眠前に辞書を読むのが良いという話だ。試してみると本当によく眠れた。2021/08/29

masabi

20
【要旨】戯曲や小説を手掛けた井上ひさし氏の書評集。【感想】記念すべき第一回の書評で扱うのが事典という時点で驚くが、しかも内容もその事典を読んでみようと思わせるのだからその力量に再度驚かされる。筆者に倣って事典で頭のなかの知識を整理したい。小説、事典、白書と筆者の興味関心の幅と読解力に感嘆せざるを得ない。2016/10/09

ひじき

19
著者に倣って丁寧な日本語で書いてみます。井上ひさしさんは「むずかしいことをやさしく」の教祖様だったわけですが、それは本の基準や書評にもあらわれていて感心しました。たとえば高木仁三郎さんの核の解説書の感想。「高度な理論を平易に砕いてくれた高木さんの親切なコトバは、いま、わたしの心の中でダイヤモンドのように硬くなり、そして希望の光を放っています」。そして「合わせて三万五百円でしたが、その百倍も楽しみ、その百万倍も教えられました」。金額にはひれ伏すばかりですが、そういう本に出会うのが真の読書家の願望でしょう。 2016/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9863259

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。