中公文庫
私の昭和史〈上〉―二・二六事件異聞

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122057616
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C1121

内容説明

二・二六事件をはじめ昭和維新運動の機動力とされる「青年将校グループ」とは、どのような人たちだったのか。本書はその中心人物であった著者が、実際に体験したことのみを客観的に綴った貴重な記録である。上巻は大岸頼好との出会いから、相沢三郎と過ごした昭和十年の年始までを収録。

目次

1(残生;大岸頼好との出合い)
2(天剣党以来;十月事件の体験;出征から凱旋まで;十一月二十日事件)

著者等紹介

末松太平[スエマツタヘイ]
1905年(明治38年)北九州市に生まれる。小倉中学校、広島陸軍幼年学校を経て27年(昭和2年)陸軍士官学校(三十九期)卒業。35年陸軍大尉。36年2月の二・二六事件により起訴され、37年1月陸軍の軍法会議で禁錮四年の判決を受け免官。39年出獄(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件