中公文庫<br> 変わる家族変わる食卓―真実に破壊されるマーケティング常識

個数:

中公文庫
変わる家族変わる食卓―真実に破壊されるマーケティング常識

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月07日 14時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122052192
  • NDC分類 365.5
  • Cコード C1136

出版社内容情報

朝食はお菓子、料理は気分次第……普通の家庭の日常の食卓が写真付きで徹底分析されることによって浮彫りにされる衝撃的な日本の「現在」。〈解説〉養老孟司

内容説明

首都圏に在住する一九六〇年以降に生まれた“子どもを持つ”主婦を対象として、五年間にわたって実施された食卓の実態調査“食ドライブ”によって明らかにされた驚くべき現代日本の食卓の実態。食卓写真付きアンケートの徹底分析によって、日本の家庭で起きている人間関係、価値観、教育観等の変化にも迫る。

目次

序論 “食DRIVE”とは
第1章 食を軽視する時代
第2章 「私」指向の主婦たち
第3章 子どもで揺れる食卓
第4章 個化する家族たち
第5章 外向きアンテナの家族と食
第6章 現代「食」志向の真相
第7章 言ってることとやってることは別
付論 家庭科で習った通り

著者等紹介

岩村暢子[イワムラノブコ]
1953年北海道に生まれる。法政大学卒業。1960年以降生まれの人びとを対象とした継続的な調査研究に基づき、現代の家庭や社会に起きるさまざまな現象を読み解くことをテーマにしている。(株)アサツーディ・ケイ200Xファミリーデザイン室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

M78に行きたい雨巫女。

13
主婦を離脱して、はや8年確かに食事は、義務的にやっていた感は、否めない。2010/10/28

ロア

11
アンケートの信用度の低さったら!思い込みと開き直り、怖い♪(∩^ω^∩)2019/05/04

katta

7
先日出版された衝撃作『家族の勝手でしょ!』の前作に当たる。出た当時読んでめちゃくちゃ驚いたが、今読み返すとこのころはまだ牧歌的。この本の調査が1998年から2002年だから、この10年余りで家庭の食卓の崩壊度が著しい。食べることが基本なのだと思うのだけど。2010/03/13

のんき

6
1960年以降に生まれた首都圏在住の子持ち主婦を対象にした食卓調査を紹介したもの。調査対象世代に入る私でもびっくりした程だから50年代生まれの著者が驚くのも尤もだけど、その驚きが文章の基調となっているため、分析が客観的に行われたのか眉に唾をつけたくなってくる読み心地なのは、丁寧な調査を行っているだけに勿体なく感じた。色々報告される中、「言ってることとやってることは別」という指摘が一番印象に残った。2010/01/14

TOMTOM

5
昔読んだ本の続編かなと思って購入したら、そのものの文庫本だった。調査内容は10年前となっているが、その時でさえ、ここにでてくる食卓の感性はどん引き。今はどうなっているんだろう、と思ったら続編が出ているらしい。次はそっちを見なきゃね。2010/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。