中公文庫<br> 阿波の狸の話

電子版価格 ¥864
  • 電書あり

中公文庫
阿波の狸の話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122051935
  • NDC分類 388.181
  • Cコード C1139

内容説明

大正から昭和初期にかけ、屈指の郷土史家が阿波・徳島に伝わる狸伝承を綿密な取材により収集し、注釈を付した名著。映画や漫画など数々の作品の一次資料としても多く引かれ、今なお輝きを失うことのない貴重な文献を復刊。さらに著者遺稿を反映し、「阿波伝説物語」を収録した決定版。

目次

阿波の狸の話(狸火の話;狸の物真似;悪戯のさまざま;化け方のいろいろ ほか)
阿波伝説物語(地団太義伝;お亀島の話;オッパショ石の由来;塩舟と義士 ほか)

著者等紹介

笠井新也[カサイシンヤ]
明治17年(1884)、徳島県生まれ。国学院大学卒業後、徳島県の中学校や大阪府池田師範学校等の教師を歴任。大正4年、上京し、東京帝国大学人類学教室・東京帝室博物館などに出入りして日本考古学等の研究に没頭し、また日本各地の遺跡を踏査した。大正6年、帰郷後ふたたび中学教諭を務める。「奥羽地方に於ける原史時代遺蹟の概観」ほか多くの論文を著し、『魏志倭人伝』研究家としても名高い。昭和31年(1956)没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

昭和初期、阿波に伝わる狸伝承を綿密な取材により収集し、注釈を付した名著。映画や漫画など、多くの作品の一時資料としても多く引かれ、今もなお輝きを失うことのない貴重な文献を復刊!