中公文庫<br> 『空海の風景』を旅する

個数:

中公文庫
『空海の風景』を旅する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 19時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 374p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122045644
  • NDC分類 188.52
  • Cコード C1195

出版社内容情報

讃岐、奈良、室戸、福建、長安、博多、東寺、高野山…。司馬遼太郎の最高傑作の舞台を訪ね、「人類普遍の天才」空海の現代における意味を考える。

内容説明

讃岐、奈良、室戸、福建、長安、博多、東寺、高野山…。司馬遼太郎の最高傑作の舞台を訪ね、その思索のあとを導きとして、「人類普遍の天才」空海の現代における意味を考える。NHKスペシャル「空海の風景」として映像化した番組制作スタッフによる歴史紀行。

目次

『空海の風景』への旅はこうして始まった
なぜ、今、空海なのか
讃岐
奈良
室戸岬
渡海
長安
博多
空海と最澄
東寺
高野山
「空海」現在の風景

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chantal(シャンタール)

83
【司馬塾コミュBC空海の風景】空海のことを知るために読む本ではない。司馬さんの「空海の風景」を追体験するために読む本である。お接待と言う見返りを求めずお遍路さんに便宜を提供する四国の人々、お大師伝説を信じ困った人に手を差し伸べる非識字者の老婆。空海の研究を続ける中国福州の名もなき人々、真言宗復活を目指す西安の僧侶。空海が目指したのは大宇宙の真理たる大日如来になる事。その光は1200年経った今も脈々と輝き続けているのだろう。そうでなければこんなにお遍路に憧れる人も各地のお大師伝説も残ってはいないだろうから。2019/04/09

壮の字

72
『空海の風景・上』の読みごこちがとても好かったので、『下』では脚を鈍らせるために本書を編み込みながら読むことにした。空海と別れるのが名残惜しかったのだ。写真も満載、本編よりもわかり易いところ、鋭いところもあったり、NHK取材班の伴走は大正解でした。掲載されていた第一回原稿ではタイトルが「『空海』の風景」となっていた。描きはじめは空海その人の人物画のつもりだったものが、いつしか奥行きのある風景画に変わっていったのだろうか。『空海の風景』既読のかたは再読時に食い合わせ、おススメします。理解が深まります。2017/12/06

mami

14
「空海の思想は難解だ。対して奥の院を訪れる人の思想は単純だ。空海を信仰の対象とするからである。」との記載に深く頷く。もう一度お遍路をしたくなってしまった。2017/07/24

glaciers courtesy

10
「空海の風景」は司馬遼太郎の作品の中では完成度はそれほど高くないと今でも思っているのだが、司馬遼太郎本人が一番好きな作品だったという。しかし、それは作品そのものの魅力というより、空海という人の桁違いに大きい人物を、未完成といえど描くことにチャレンジしたという本人の苦闘に対する思い入れなのだろう。「空海の風景」を読んでもこの本を読んでも浮かんでくるのは、人間臭さを感じる隙もない、本当に半神ではないかと思わせるくらいのスケールの大きさだけなのだ。人間としては最澄の方に共感するが、あまりにスケールが違い過ぎる。2020/03/29

koji

10
司馬遼太郎記念館に行きました。同館の文庫本販売数ランキングは「空海の風景」が1位でした。丁度、下巻の最終章を読んでいたのでびっくりしましたが、仲間が多いことがとても嬉しく躊躇わず購入しました。副読本として価値ある1冊です。2017/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17304

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。