中公文庫<br> 夢声戦争日記 抄―敗戦の記

個数:

中公文庫
夢声戦争日記 抄―敗戦の記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 10時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122039216
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1123

出版社内容情報

活動写真弁士を皮切りに漫談家、俳優としてテレビ・ラジオで活躍したマルチ人間、徳川夢声が太平洋戦争中に綴った貴重な日録。〈解説〉水木しげる

内容説明

活動写真弁士を皮切りに漫談家、俳優としてテレビ・ラジオで活躍、また文筆家としても名を成した徳川夢声が、太平洋戦争中に綴った実直で丹念な日録。この記録は戦時下の世相史であり、芸能史、飲食史でもある。昭和二十年四月一日から八月三十一日までの日記を収録。

著者等紹介

徳川夢声[トクガワムセイ]
1894‐1971。島根県に生まれる。明治45年、東京府立一中を卒業。大正2年、活動写真弁士となり、独特の語り口で人気を集める。トーキーの出現後は漫談家また俳優として活躍し、戦後はラジオからテレビに進出。昭和25年にNHK放送文化賞、同29年に菊池寛賞、32年に紫綬褒章を受ける。著書に『明治大正昭和』『親馬鹿十年』『明治は遠くになりにけり』など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Gen Kato

1
再読。当時の東京における生活、空襲や爆撃の様子が克明に描かれた貴重な日記。参考になります。2015/07/01

がんぞ

1
その時点で生活しながら空襲や配給や戦況や原爆投下について、どう思ったのかの貴重な資料。戦時でもエンターテイメントは求められていて、毎日のように出演がある。口演謝礼や食料品代など細かく記入してあり。工業は軍関係に集中し、食料生産地からの輸送力が足りないなか、恐るべき物資欠乏とインフレが終戦前からあったこともわかる。抄録ではなく元の7冊全部よみたいのだが、図書館にもない。「解説」は水木しげるで、戦地ラバウルの体験談。軍歌をカラオケで唄う者もめっきり絶えたように、太平洋戦争の銃後体験も聞きたくなくなっただろうか2013/06/26

ドント

0
拾い読みながらも、この徳川夢声という人の日本国への愛憎が伝わってくる。恵まれた立場だったとはいえ、世の中に対する冷たくて熱い視線。おそろしいおっさんだ。2012/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/543269

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。