中公文庫<br> 心中天網島―マンガ日本の古典〈27〉

個数:

中公文庫
心中天網島―マンガ日本の古典〈27〉

  • ウェブストアに39冊在庫がございます。(2021年01月21日 05時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122038486
  • NDC分類 918
  • Cコード C1179

内容説明

『出世景清』で浄瑠璃に新風を吹き込み『曾根崎心中』で世話物のジャンルを創始した近松門左衛門。歌舞伎狂言も手がけた、この日本最大の戯曲作家が書いた円熟期の世話浄瑠璃四篇『曾根崎心中』『鑓の権三重帷子』『心中天網島』『女殺油地獄』を、長篇ロマンの名手里中満智子が情念豊かに描く。平成九年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。

著者等紹介

里中満智子[サトナカマチコ]
1948年、大阪市に生まれる。1964年『ピアの肖像』により第一回講談社新人まんが賞を受賞し、十六歳でデビュー。翌年単身上京、漫画家生活に専念する。74年『あした輝く』『姫がいく!』により第五回講談社出版文化賞児童まんが部門賞、82年『狩人の星座』により第六回講談社漫画賞を受賞。独白、ナレーションを多用した心理描写によって女性像を浮かび上がらせる作風で、テレビ番組、シンポジウムにパネリストとして参加することも多い
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

表題作ほか「女殺油地獄」「鑓の権三重帷子」「曾根崎心中」を収載。最高の戯曲作家近松が書きあげた悲恋四篇を長篇ロマンの名手が情念豊かに描く。