中公文庫<br> 獅子 (改版)

個数:

中公文庫
獅子 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 00時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 310p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122022881
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

内容説明

九十歳をこえてなお「信濃の獅子」と謳われた真田信之―当主の突然の死に伴う後継者争いをめぐり、松代十万石の存亡を賭けて下馬将軍・酒井雅楽頭忠清にいどむ老雄の、乾坤一擲の隠密攻防戦。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

財布にジャック

56
真田太平記のずっとずっと後の、信之が亡くなる前あたりの真田家を書いた作品で、信之が主役でした。信之が93歳になっても、まだまだ現役で真田家の為に頑張るお話です。そして信之のそばには85歳になった右近が寄り添っていて、文字通り死ぬまで一緒というのが凄いです!幸村のような華々しさはないものの信之も本当に偉大な武将だったのだなぁと思いました。2011/07/16

只三郎

35
真田幸村の兄、信之が主役の本作。真田家にお家騒動が勃発。幕府の老中酒井雅楽頭と隠居中の信之93歳との隠密攻防戦、どのように相手を出し抜くかという展開に夢中になってしまった。一般的に昌幸、幸村に比べると信之の評価は低いが、信之がいたからこそ真田家は幕末まで生き残る事ができたと思う。真田信之こそ真の名君と言って良いと思う。2016/05/22

pdango

28
★★★★★夢中で一気読み。真田信之の名君ぷりにホレボレする。2017/01/31

Akira Majima

26
これまで知った史上の人物で最も尊敬する、真田伊豆守信之。90にして遅まきながら家督を次男に譲り、一当斎として隠居した後に、尚もその知恵と智略と人徳をして、「信濃の獅子」たる存在感を魅せてくれる物語。愚かな孫に本家を継がせる事態を避けるべく、義弟たるその孫を担がんとする老中筆頭・酒井雅楽頭忠清に対して仕掛ける「最後の」大勝負。ただただ痺れる。「大名のつとめと申すは、領民と家来の幸せを願うこと、これ一つよりほかにはないのじゃ。(中略)人は、わしを名君とよぶ。が、名君で当たり前なのじゃ。いささかも偉くない。」2014/10/13

shohji

22
真田幸村の兄・信之(信幸)の晩年、真田家の後継者争いに絡んで隠密が暗躍するお話。昭和35年直木賞を受賞した「錯乱」と同じ題材で書かれた長編小説である。信之は人情よりも冷静にお家存続を考えて行動してきたため真田家は断絶せずに徳川の時代になっても繁栄を続けた。しかしこの小説を読むと信之は非常にユニークな人物で敵の隠密がすぐ傍にいるのを知っていても大胆にすべてをさらけ出しそれでいてしっかり影で脚本も書いている。誰が敵か味方かわからなくなる隠密攻防戦、作家の間で真田は男のモナリザと言われているそうだが確かに面白い2016/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562540

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。