中公クラシックス<br> 柳田國男全自序集〈2〉

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公クラシックス
柳田國男全自序集〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月09日 12時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 261p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121601858
  • NDC分類 380.4
  • Cコード C1239

内容説明

著作活動60年、著書101冊。『国語の将来』(昭和14年)から『海上の道』(昭和36年)まで。

目次

国語の将来(昭和一四年)
孤猿随筆(昭和一四年)
食物と心臓(昭和一五年)
民謡覚書(昭和一五年)
妹の力(昭和一五年)
伝説(昭和一五年)
野草雑記・野鳥雑記(昭和一五年)
豆の葉と太陽(昭和一六年)
こども風土記(昭和一七年)
菅江真澄(昭和一七年)〔ほか〕

著者等紹介

柳田國男[ヤナギタクニオ]
1875~1962。民俗学者。1875(明治8)年、兵庫県生まれ。井上通泰の弟。松岡映丘の兄。東京帝国大学卒業。農商務省に入省し、法制局参事官をへて貴族院書記官長を最後に官を辞し、雑誌「郷土研究」の刊行、民俗学研究所の開設などをすすめ、常民の生活史をテーマに柳田学とよばれる日本民俗学を創始。1949(昭和24)年学士院会員、同年日本民俗学会初代会長。1951(昭和26)年文化勲章。1962(昭和37)年、死去。87歳。代表作に『遠野物語』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生涯に刊行した単行本一〇一冊に寄せた序文を年代順に初集成。全業績を一望のもとにするオリジナル作品集。『最新産業組合通解』から『海上の道』まで執筆意図と方法を綴った序文は自作解題であると同時に最良の柳田学入門である。全二巻。〈解説〉佐藤健二