中公クラシックス
真景累ヶ淵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 483p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121600974
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C1276

内容説明

近代落語の祖にして芸界最高峰が自作自演した怪談噺の白眉。

著者等紹介

三遊亭円朝[サンユウテイエンチョウ]
1839‐1900。明治を代表する落語家。本名出淵次郎吉。音曲師橘家円太郎の子として江戸湯島切通に生まれ、幼くして三遊亭円生門下となるも、一時芸界を離れる。17歳で三遊派復興を期して円朝を名のる。以後『真景累ヶ淵』『牡丹燈篭』といった怪談噺や道具を用いた芝居噺、あるいは『塩原多助一代記』『安中草三』など実録ものの人情噺を手がけ、確乎とした地位を確立した

小池章太郎[コイケショウタロウ]
1935年(昭和10)浜松市生まれ。前進座を経て跡見女子大学教授を務め2006年(平成18)退職。近世演劇、近世文学専攻

藤井宗哲[フジイソウテツ]
1941年(昭和16)大阪府生まれ。佛教大学を経て、埼玉県・平林寺、鎌倉・建長寺で修行後、鎌倉・不識庵住職。精進料理の研究で知られる。2006年(平成18)逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

写実主義と格調ある高座で江戸落語中興の祖と仰がれた円朝の怪談噺の極め付き。その言文一致体は明治文壇に新風を巻き起こした。