中公新書ラクレ<br> 原子力と環境

個数:

中公新書ラクレ
原子力と環境

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121502100
  • NDC分類 519
  • Cコード C1236

内容説明

著者は今や地球をおおう環境問題を独自の「過密社会」論のなかに位置づけるとともに、ジャーナリストとしての現実に立脚した視点から、変化する日本と世界の「いま」を描きだす。競争社会を支える資源や土地に恵まれない日本では、現実の環境問題にどう対処すべきか。エネルギーフォーラム賞特別賞を受賞した『原子力と報道』に続く、原子力問題の一級ジャーナリストの力作。

目次

第1章 ある環境活動家の変貌(グリーンピースの創始者が“転向”;米国の政策転換が波紋を呼ぶ;COPとはいったい何だったのか)
第2章 石油文明の終わりと地球温暖化(資源大国だったこれまでの日本;「ピーク・オイル論」を重要視する欧米 ほか)
第3章 資源小国・日本のおかれた立場(エネルギーの国際競争時代が加速;資源エネルギーか技術エネルギーか;原子力平和利用の五〇年に学ぶ;燃料サイクルを阻むものはだれか;日本でも燃料サイクルがついにスタート)
第4章 過密社会化する世界のゆくえ(日本の立場を理解してもらうのは難しい;新エネルギーは当てになるのか ほか)

著者等紹介

中村政雄[ナカムラマサオ]
1933年、山口県生まれ。九州工業大学工学部卒業。読売新聞社入社後、東京本社社会部、科学部記者、解説部次長、論説委員として原子力や環境、宇宙開発、科学技術全般を担当、中東の石油や欧米の気象、ゴミ、海洋開発、原子力事情など海外取材の経験も多い。現在、科学ジャーナリスト、電力中央研究所名誉研究顧問、東京工業大学大学院非常勤講師。『原子力と報道』(中公新書ラクレ、第25回エネルギーフォーラム賞特別賞受賞)ほか著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。