• ポイントキャンペーン

中公新書ラクレ
なぜフェミニズムは没落したのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 279,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121501592
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C1236

内容説明

『アンアン』等の80年代雑誌文化は「フェミニズムのようなもの」だった。「女の時代」と言われたあの頃の空気は、なぜ退潮したのか?林真理子、上野千鶴子らに焦点を当てて検証する。

目次

1章 衣食足りて「かわいい」を知る(昭和の『ベルばら』ブーム;DCブーム ほか)
2章 林真理子と上野千鶴子と小山田ノン(『アンアン』vs.『JJ』;林真理子という存在/「ヒガミ、ネタミ、ソネミ」 ほか)
3章 なぜフェミニズムは没落したのか(「フェミニズムはおばさんの学問」!?;使えないフェミニスト ほか)
4章 今こそ「八〇年代的な空気」を復活させよう(「○○したい!」vs.「○○したくない!」→「○○しろ!」;女にとって「戦争」はオイシクナイ)

著者紹介

荷宮和子[ニミヤカズコ]
文筆家。女子供文化評論家。1963年神戸市生まれ。神戸大学卒。マーケッターとして女子中、高生の動向を洋服、雑貨を通して追いつつ、漫画、宝塚、キャラクターなどに関するコラムを新聞、雑誌などに執筆。現在はフリー。これまで漫画や宝塚歌劇を台詞で読み解いた本を数多く出版してきた

出版社内容情報

『アンアン』等、80年代雑誌文化に現れたフェミニズムのようなものとは?林真理子と上野千鶴子に着目。