中公新書<br> ジョン・ロールズ―社会正義の探究者

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

中公新書
ジョン・ロールズ―社会正義の探究者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 16時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026743
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C1212

出版社内容情報

『正義論』で知られるジョン・ロールズ(一九二一~二〇〇二)。「無知のヴェール」「重なり合うコンセンサス」などの独創的な概念を用いて、リベラル・デモクラシーの正統性を探究した。本書はロールズの生涯をたどりつつ、その思想の要点を紹介する。彼が思想とした社会とはどのようなものだったのか。また、批判にどのように応答し、後世にどのような影響を与えたか。戦争体験や信仰の影響、日本との意外な関係などの歴史的背景もふまえ、「政治哲学の巨人」の全貌を明らかにする。

内容説明

米国の政治哲学者ジョン・ロールズ(1921~2002)。1971年刊行の『正義論』において、独創的な概念を用いて構築した「公正な社会」の構想は、リベラリズムの理論的支柱となった。「平等な自由」を重視する思想はいかに形成されたか。太平洋戦線における従軍体験、広島への原爆投下の記憶がロールズに与えた影響とは。最新資料から81年の生涯を捉え直し、思想の全体像を解読。その課題や今日的意義にも迫る。

目次

第1章 信仰・戦争・学問―思想の形成期
第2章 『正義論』は何を説いたか―現代政治哲学の基本思想
第3章 「リベラルな社会」の正統性を求めて―『政治的リベラリズム』の構想
第4章 国際社会における正義―『万民の法』で模索した現実主義
第5章 晩年の仕事―宗教的探究と「戦争の記憶」
終章 『正義論』から五〇年―「ロールズの理想」のゆくえ

著者等紹介

齋藤純一[サイトウジュンイチ]
1958年福島県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、早稲田大学教授。2016‐2018年、日本政治学会理事長

田中将人[タナカマサト]
1982年広島県生まれ。2013年、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。現在、高崎経済大学・拓殖大学・早稲田大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜間飛行

195
世界戦争の世紀に正義とは何かを考え詰めた人ロールズ。神の言葉に人間の応答可能性の由来を見た彼は、従軍体験を経て神を疑った。だが〝人格の相互承認〟の可能性を神学から引き継ぎ、それを常識やコミュニケーションの上に展開したという。ウィトゲンシュタインの後期理論を応用して人々の自律と正義感覚に基準を見出した。彼の思想の根幹をなす「公正としての正義」には、多元的な視点による相互承認が求められる。神の言葉の一元性から人間の多元性へと辿り着いたロールズは、常に理想と現実を行き来し、批判に対してオープンな心でいたようだ。2023/10/25

パトラッシュ

117
昔はどの国も一応の理想や主義主張を掲げ自らの正義を強調していたが、東西対立終焉後の国際外交は格好つけのイデオロギーすら消え失せて露骨な国益擁護ばかりだ。政治面でも自国のみ栄えればよしとするシニカルな現実主義が広まっている時代に、公正で平等な社会の実現を求めるリベラリズムは時代遅れと思われている。しかし理想や正義をゴミのように打ち捨てて平然とするのは、人の命や生に大した値打ちを認めていない証なのでは。病や戦争で多くの家族や友人を失ったロールズは、人が人らしく生きられる独断と偏見に陥らない社会正義を求めたか。2022/02/07

trazom

112
私はジョン・ロールズの著作を一冊も読んでいない。よって、本書を論評する資格はない。でも、20世紀を代表するこの哲学者の生涯と思想を網羅的に解説してくれる本書は、とても有難かった。「正義論」「政治的リベラリズム」「万民の法」という代表作を通じての思索の変遷がよくわかる。「公正としての正義」「正義か正統性か」「道理性か合理性か」「善に対する正の優位性」「公共的理性」「立憲デモクラシー」などのキーワードが現代に突き刺さる。功利主義や社会的分断が拡大する今こそ、ロールズの「理想理論」に立ち帰る意義を実感する。2022/03/07

樋口佳之

64
『正義論』の主張に触れた読者は、ロールズが支持する政府とは、不利な立場にある人びとへの再分配をとかく要請するものだと思うかもしれない。だが…彼は多大な格差を生む既存の社会構造を前提としたうえで、事後的な再分配に終始するような政治を批判している。/ロールズが現行の「資本主義」からのレジーム・チェンジを構想していることは注目すべき/原爆への評価含め知る事多い内容ですが、隙間時間読書で読み取るのは難しい部分もたくさん。同性婚についてのように中絶問題について何か語っているのかな。2022/02/22

Sam

53
リベラリズムにおける重要人物であるジョン・ロールズ。でもその割に日本での認知度は低いのでは?(単なる勉強不足?)本書はロールズの生涯を追いかけつつ「正義論」を始めとした主著を解説するという盛り沢山な内容で、それを新書でやる以上密度が濃くなるのは必然でありかなり丁寧に読んだ(「正義論」の章は二度読んだ)のだが、ロールズ特有のターミノロジーや理論構成に馴染むのは自分の理解力ではなかなか難しく、どこまで理解できたか自信はない。が、この分断の時代においてこそ指針となり得る非常に骨太な思想であると感じた。2022/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19032456
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。