中公新書<br> 日本の先史時代―旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす

個数:
電子版価格 ¥1,034
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公新書
日本の先史時代―旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす

  • ウェブストアに100冊在庫がございます。(2021年11月29日 10時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 299p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026545
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1221

出版社内容情報

歴史の教科書で最初に出てくる、旧石器・縄文・弥生・古墳時代。いわゆる「先史時代」である。明治から戦後にかけ定着していったこれらの時代区分だが、考古学の発展や新資料の発掘にともない、今も定説を覆す新発表が相次ぐ。本書では、その最前線を紹介。土器の誕生、人々の定住、土偶と祭祀、水田稲作の開始、「まち」の出現、古墳の成立――。時代が移り変わるプロセスを重視する「移行期」研究の視点から、「日本創世」の時代の実像を描き出す。

内容説明

日本史の教科書で最初に出てくる、旧石器・縄文・弥生・古墳時代。三万六〇〇〇年に及ぶ先史の時代区分は、明治から戦後にかけて定着していった。しかし近年、考古学の発展や新資料の発掘に伴い、それぞれの時代の捉え方は大きく塗りかえられている。本書では、各時代の「移行期」に焦点を当て、先史の実像を描き出す。人びとの定住、農耕の開始、祭祀、「都市」の出現、前方後円墳の成立―。研究の最前線を一望する決定版。

目次

序章 先史の時代区分―考古学ではこう考える(時代とは何か―Age/Era/Period;時代のはじまり―出現か、定着か ほか)
第1章 土器の定着、人びとの定住―旧石器時代から縄文時代へ(旧石器時代と気候変動―最終氷期から後氷期へ;土器の定着―指標1 縄文土器 ほか)
第2章 農耕社会の成立―縄文時代から弥生時代へ(弥生時代とは何か―画期をめぐる研究史;弥生式土器から水田稲作へ―弥生時代の指標の変化 ほか)
第3章 変化する社会と祭祀―弥生時代から古墳時代へ(流動化する人びと―気候変動の影響;「都市」の出現―纏向遺跡、比恵・那珂遺跡 ほか)
終章 先史時代を生きた人びとの文化―列島各地の暮らし(中の文化―アニミズムと穀霊;北の文化―「続縄文」の暮らし ほか)

著者等紹介

藤尾慎一郎[フジオシンイチロウ]
1959年、福岡市生まれ。広島大学文学部史学科卒業。九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、国立歴史民俗博物館教授。専門は先史考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tamami

52
本書の旧石器~縄文~弥生~古墳と、各時代の移行期の説明は、最新の研究動向を踏まえ遺跡名や研究者+学説が大きな部分を占めるも、遺物や遺跡をして文字以上に語らせるためには必要不可欠のものか。土器形式と稲作の有無ですっぱりと時代を分けていた昔からすれば「すっきりしない結論だが、これが文献のない先史時代研究の宿命」(245ページ)と記され、そこに研究の本当の面白さがあるのではと思われる。各研究者の個性もほの窺えて面白い。いわゆる概説を望む向きには、終章「先史時代を生きた人々の文化」が分かりやすくまとまっている。2021/08/31

ひろし

43
都市の始まりとは、日本ではどういうものだったんだろうと前々から思っていたので、考古学分野でそこを取り上げているので読んでみた。 全体として文字のない先史時代を対象に、特に移行期の解釈について話が展開するので、素養のない私には難しかったが、断片的に縄文時代、弥生時代、古墳時代の特徴を知ることができた。都市と考えられるものが2000年以上前に存在していたことにもびっくりした。最後に各時代の衣服や装束が載っていてこれも興味深い。2021/11/09

はちめ

12
タイトルにある4つの時代の移行期に着目した本だが、かなり詳細な検討が紹介されておりかなり難しく感じた。特に弥生時代から古墳時代への移行期については、時代としては新しいにもかかわらず天皇陵の古墳が未調査だということもあり、読んでいてもどかしさを感じた。放置すれば貴重な歴史的資料が永遠に失われる可能性もあるわけであり、令和天皇にはぜひ英断を下してほしい。歴史上の事実として、西暦217年に2600年で最も酷い豪雨が日本列島を襲ったというのは知らなかった。おそらく日本の歴史に大きな影響を与えたと思う。☆☆☆☆2021/09/05

不純文學交遊録

8
文字による記録がないのが先史時代。元号や幕府の成立などで線引きできる歴史時代に対し、土器の出現や水田稲作の開始は正確な年代を決められない。地域差もある。九州北部で始まった稲作が全国に広がるまで七百年かかっている。旧石器時代と縄文時代、縄文時代と弥生時代、弥生時代と古墳時代、それらの画期はいつなのか、その指標はなんなのか。本書は、時代の移行期をめぐる論考である。これまで理解していた時代区分が、却って分からなくなったような。本論よりも終章が面白かった。個人的には「旧石器捏造事件」にも触れて欲しかった。2021/09/26

黒豆

6
最新の発掘調査に基づき、日本の旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代の生活を外観する本。 各時代の移行期の変化、朝鮮との交流の影響などこれからも新しい発掘調査が楽しみ。2021/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18354456

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。