中公新書<br> 戦争はいかに終結したか―二度の大戦からベトナム、イラクまで

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

中公新書
戦争はいかに終結したか―二度の大戦からベトナム、イラクまで

  • ウェブストアに99冊在庫がございます。(2021年10月18日 03時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 296p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026521
  • NDC分類 209.7
  • Cコード C1231

出版社内容情報

第二次世界大戦の悲劇を繰り返さない――戦争の抑止を追求してきた戦後日本。しかし先の戦争での日本の過ちは終戦政策の失敗にもあった。戦争はいかに収拾できるのだろうか。第一次世界大戦、第二次世界大戦から戦後の朝鮮戦争とベトナム戦争、さらに近年の湾岸戦争やイラク戦争まで20世紀以降の主要な戦争の終結過程を分析。「根本的解決と妥協的和平のジレンマ」を切り口に、あるべき出口戦略を考える。

内容説明

第二次世界大戦の悲劇を繰り返さない―戦争の抑止を追求してきた戦後日本。しかし先の戦争での日本の過ちは、終戦交渉をめぐる失敗にもあった。戦争はいかに収拾すべきなのか。二度の世界大戦から朝鮮戦争とベトナム戦争、さらに湾岸戦争やイラク戦争まで、二〇世紀以降の主要な戦争の終結過程を精緻に分析。「根本的解決と妥協的和平のジレンマ」を切り口に、真に平和を回復するための「出口戦略」を考える。

目次

序章 戦争終結への視角―「紛争原因の根本的解決」と「妥協的和平」のジレンマ
第1章 第一次世界大戦―「勝利なき平和」か、懲罰的和平か
第2章 第二次世界大戦“ヨーロッパ”―無条件降伏政策の貫徹
第3章 第二次世界大戦“アジア太平洋”―「幻想の外交」の悲劇
第4章 朝鮮戦争―「勝利にかわるもの」を求めて
第5章 ベトナム戦争―終幕をひかえた離脱
第6章 湾岸戦争・アフガニスタン戦争・イラク戦争―共存から打倒へ
終章 教訓と出口戦略―日本の安全保障への示唆

著者等紹介

千々和泰明[チジワヤスアキ]
1978年生まれ。福岡県出身。2001年、広島大学法学部卒業。07年、大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程修了。博士(国際公共政策)。ジョージ・ワシントン大学アジア研究センター留学、京都大学大学院法学研究科COE研究員、日本学術振興会特別研究員(PD)、防衛省防衛研究所教官、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)付主査などを経て、13年より防衛省防衛研究所主任研究官。この間、コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。国際安全保障学会最優秀新人論文賞受賞。国際安全保障学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

93
終わらせ方を考えずに戦争を始める奴はバカだと何かで読んだ。至言だが実際に終戦へ動き出すと、関係者は自分の名誉や政治的思惑に足を取られ最適の終わり方をとれる方が珍しい実態を歴史的に検証する。勝者は少しでも敵を懲らしめて利益を増大させようと図り、逆に敗者は責任回避と損切りに奔走するのだ。そのため「現在の犠牲の低減」を優先して戦争原因の根本的解決がされずに放置され「将来の危険の除去」がなされず、再び戦争を招く悪循環に陥る。アフガンでタリバンが政権を奪還したのも、アメリカが出口戦略を掴みかねているからではないか。2021/08/27

にしがき

16
👍👍👍 戦争はどう始まるか、特定の戦争がどう終結したか、という議論はよく見かけるが、戦争全般を対象にした終結の理論/枠組は新しい。/戦争は、トレードオフの関係にある「将来の危険」と「現在の犠牲」のジレンマでの均衡点で終結するという枠組を使い、第一次大戦〜イラク戦争までを比較する。分量的に少し説明不足な気もするが、並べることで見えてくるものもある。/平和の回復にとって戦争終結それ自体は重要ではなく、どのような条件で終結したのか、それにより交戦勢力同士で何が得られ、失われるのかが重要だという指摘が鋭い。2021/09/23

ジュン

14
防衛省防衛研究所主任研究官による妙作。根本的解決と妥協的和平のジレンマを軸にあるべき出口戦略を分析する。その分析はWW1、WW2、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争とイラク戦争と多岐にわたる。よく新書は生モノといわれるが、本書は長く読まれ続けるだろう。2021/09/15

ヤギ郎

12
終結するためにどんなゴール設定をすればいいか、これが戦争の「出口戦略」ではないだろうか。戦争とは国家対国家という大きな次元で展開される交渉である。両者とも「将来の危険」と「現在の犠牲」を天秤にのせて妥協点を探る。本書は二つの世界大戦や朝鮮戦争、ベトナム戦争など、それぞれの戦争における終結状況を緻密に振り返る。そして、対立する両者の立場における構造的なパワーと合理的な選択から、各立場における出口戦略を提示する。本書は戦争を題材にしているが、感染症対策等、政策にも応用できるのではないだろうか。2021/08/24

masabi

10
【概要】戦争終結を紛争原因の根本的解決と妥協的和平のジレンマとして考察する。【感想】戦争を終結させるのは戦争を始めるより難しい。終戦に向けた意思決定はどのようになされるのか個別事例を離れて一般的な理論を打ち立てようとする。戦争終結に向けて根本的解決か妥協かを分けるのは現在の犠牲と相手国の将来の危険を比較した結果だ。そのため戦争終結は軍事的優位にある国が主導権を握るが、劣位国にもより良い条件を引き出すための手段が残される。各戦争を概観するが、時代を超えて類似する判断が繰り返されるとよく分かる。2021/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18173712

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。