中公新書<br> 日本型資本主義―その精神の源

個数:

中公新書
日本型資本主義―その精神の源

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月25日 06時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 281p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121025029
  • NDC分類 332.1
  • Cコード C1233

内容説明

長期にわたって停滞を続ける日本経済。混迷から抜け出せないのはなぜなのか。本書では、その解明を歴史に求め、経済システムを支える日本人の「資本主義の精神」を探究する。強欲な金儲け主義への嫌悪感、ものづくりへの敬意や高品質の追求、個人主義ではなく集団行動の重視など、欧米はもとより、中韓など東アジア諸国とも異なる特質を明らかにする。そのうえで現代日本の経済システム改革への指針を示す。

目次

第1章 イギリスと日本の近代資本主義(グローバル資本主義と精神の相克;制度、技術、精神 ほか)
第2章 資本主義の精神の宗教的基礎(宗教と経済行動;鎌倉新仏教の革新 ほか)
第3章 高度成長期としての江戸時代(生産力の拡大と商業の発展;仏教が支えた資本主義の精神 ほか)
第4章 西洋との出会い(産業革命なき経済成長;戦後的対応とグローバリズム)
第5章 異種精神の相克と共存の時代へ(三つの資本主義の精神;日本型システムの可能性)

著者等紹介

寺西重郎[テラニシジュウロウ]
1942年(昭和17年)、広島県に生まれる。一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。一橋大学経済研究所教授・所長、同大学副学長、日本大学教授などを歴任。一橋大学名誉教授。2009年紫綬褒章受章、2014年日本学士院賞受賞、2016年瑞宝中綬章受章。専攻、金融論、日本経済論。著書『日本の経済発展と金融』(岩波書店、1982年。日経・経済図書文化賞、エコノミスト賞受賞)『経済開発と途上国債務』(東京大学出版会、1995年。アジア経済研究所途上国研究奨励賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

長期にわたって停滞を続ける日本経済。産業革命を経験することなく短期間で高度経済成長を実現したにもかかわらず、混迷から抜け出せないのはなぜか。本書ではその解明のために歴史を繙き、経済システムを支える日本人の「資本主義の精神」を探究。強欲な金儲け主義への嫌悪感、ものづくりや品質の重視、個人主義ではなく集団行動の重視など、欧米はもとより、中国・韓国など東アジア諸国とも異なる特質を明らかにし、現代日本のシステム改革への道筋を示す。

寺西重郎[テラニシジュウロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件